teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


nfxjxzho

 投稿者:nfxjxzho  投稿日:2013年 4月10日(水)22時00分12秒
返信・引用
  xzyke9:14, pdpjrdpjpu

http://www.pbircmotff.com/

 
 

hhemuclf

 投稿者:hhemuclf  投稿日:2013年 4月 7日(日)15時04分0秒
返信・引用
  klbpc9:14, nujfxcaqda

http://www.krjdcywfre.com/

 

krzmdtnz

 投稿者:krzmdtnz  投稿日:2013年 3月14日(木)16時07分25秒
返信・引用
  foysl9:14, wllenkfxzs

http://www.iwsswqzipe.com/

 

jkaythvs

 投稿者:jkaythvs  投稿日:2012年12月12日(水)18時23分53秒
返信・引用
  evlhe9:14, ypjdlvybkg

http://www.wtxbfvczya.com/

 

pjwanpgp

 投稿者:pjwanpgp  投稿日:2012年 6月 5日(火)11時50分57秒
返信・引用
  wwuza9:14, http://www.lndfvwjlmv.com ralgwsrtuv

http://www.rxadklrrxo.com/

 

woiuokeb

 投稿者:woiuokeb  投稿日:2012年 6月 4日(月)10時14分41秒
返信・引用
  atpjb9:14, http://www.nmjtheahlr.com fdqskhlbxy

http://www.vqgszyzmwz.com/

 

Re: 8月のコラム

 投稿者:こずメール  投稿日:2012年 1月17日(火)12時44分14秒
返信・引用
  ≪朗報のお裾分け≫をいただいて、本当にありがとうございました。

天皇・皇后両陛下と後藤多加志先生ご夫妻 に、カナダのオタワで、
このような素晴らしいエピソードがあったなんて、存じませんでした。
この神業に感謝の気持ちで一杯です。

実は、2日前に開運錬成から帰らせていただきました。
あ~これも、おしえおや様の御遂断の賜物だなぁと胸が一杯になりました。

さて、なぜ、こちらのHPを訪問させていただいたかと申しますと・・・。
親友のお嬢さんがトロントに留学することになり、少しでもお役に立てたらなぁと思い、
オタワ教会のHPを探していたのです。

この度は、本当にありがとうございました。
次回も楽しみに読ませていただきたいと思っております。





 

使っていません

 投稿者:ふぁんたん  投稿日:2011年 5月27日(金)10時41分44秒
返信・引用
  この掲示板は使っておりませんが、削除ができないのです。
ブロバイダ様
削除お願いいたします!
 

削除したいのですが

 投稿者:ふぁんたん  投稿日:2011年 2月24日(木)18時44分28秒
返信・引用
  掲示板を没にしたのですが、何故か消えません。
何故か書き込みできる不思議ですね。
サイト管理のかた、どうか、削除してください。
よろしくお願いいたします!
 

削除不可

 投稿者:ふぁんたん  投稿日:2011年 2月24日(木)18時42分32秒
返信・引用
  このBBSを切ったのですが
何故かまだ消えていません。
困りました。
どうやったら消えるのでしょうね?



 

削除願います

 投稿者:ふぁんたん  投稿日:2011年 2月20日(日)09時23分40秒
返信・引用
  この掲示板は使用できません。よろしくお願いいたします!  

【4月のコラム】

 投稿者:うんうん  投稿日:2010年 3月16日(火)09時00分39秒
返信・引用
  PL遂断詞 ◇米沢教会の神殿、祭司長控えの場所の右手に、会員用式服のクロークがある。家内に「あの部屋を一度、大整理してくれないか」と頼んでいた。一坪足らず、階段上に急ごしらえされた部屋は、補教師さん方が使用される処なので遠慮していて、調べたことがない部屋だった。◇式典のたびには、簡単な掃除や消臭作業はしていても、奥がどうなっているのか知らないで居たが、家内がある日、み~んな取り出してみたら、なんと、古くて使われていない古い座布団30枚をはじめ、見たこともない様な物がゴロゴロ!こんなに多くの物が奥にギッシリ詰め込まれていたなんて! 一ヶ月かかってゴミ出し続け、今朝(袋4っつの)ゴミを出して、やっと捨て終わったことだった。◇処分した物故会員さんの教服のpocketの中に、古い古い教典があって、その中から次のような(本庁から頂いたと思われる)印刷紙片が発見された。◇『「PL遂断詞」は、雑念を去って精神を統一し、いちずに神に依る心境になるために唱える「神拝詞(しんぱいし)」として、おしえおやが定められたものです。「PL遂断詞」には、これを一心に唱えることによって、雑念がなくなり、大元霊と一体になることができる様に、という「おしえおやの遂断」が込められています。』◇鶴岡教会で「教典奏上三万回運動」を興(オコ)し多くの体験が生まれ、何より教会の献身精神が高まって「教主奉迎」に弾(ハズ)みがついたことがあったが、それは、この「PL遂断詞」に込められた「おしえおやの遂断」を頂かれた結果だったんだと思わせて戴いた。◇「教典を奏上して我を取らせて頂き」「祖遂断を願う」ことは、教えの上から言って、極めて理(リ)にかなった運びであり、お陰を戴ける信仰の形なんだと再認識したことだった。◇教師となって60年、不明にして、初めて見るものだったが、恐らく故人が、何かの縁で聖地を踏まれたとき、かの地で戴かれた大切なものだったに違いない。◇貴重な教えを、こんな形で遺(ノコ)して下さった亡き方に、感謝の遂断をさせて頂いた次第だった。  

ご無沙汰しております

 投稿者:ひこらんメール  投稿日:2010年 2月19日(金)18時51分27秒
返信・引用
  藤二郎君より
「史代さんが皆さんのメール教えてほしいとの申し出が有りました、宜しければお願いいたします」

ということで教えてもらったアドレスはブロックされました。
ブログを探して投稿いたします、もし失礼なことなら先にお詫びをいたします。
私は尼崎塚口在住、塚口所属のものです、尼崎時代はお世話になりました、ずいぶん前ですが。
 

3月のコラム

 投稿者:うんうん  投稿日:2010年 2月17日(水)09時27分19秒
返信・引用
  ◇NHKで「孤独死」のドキュメント放送があった。わが国の様に人口密度が高く、文化の進んだ 情報社会に住んでいても、誰にも看取られず、誰にも知られず 孤独の中で死んで行く人が 年間3万人もいて年々増加し 社会問題となっていると言う。◇人は社会的動物と定義され、特に家族など人間的ふれ合いの密度が高い日本で「孤独死」しなければならないのは「みしらせ」以外の何ものでもない。◇どの様なみしらせか、それは「鏡」のみしらせなのだ。日ごろから人を愛し、人と仲良くし、人のために尽くし、みささげして暮らしている人ではなく、自分のことや自分の都合が先で、人のために汗をかいたり、物や金を出すことを嫌がる孤立指向の人間であって、PL信仰生活心得にある「進んで人のためをはかって暮らす」の反対の生き方をしてきた人の末路なのである。「人の良さ悪さ」と言った人間性(個性)とは関係なく、「生き方」の問題の「みしらせ」なのである。◇『神は人が強情を張って暮らしていると、あたかもその生き方が許される様に見えるから、怖いのだ』と二代教祖は、おっしゃっておられる。孤独死の姿がそれ。PLの教えを聞いているお互いは、一人でも孤独死などしてはならない。◇人の言うことは、素直な心境(解説略)で聞く、どんな人も大切にする、自分のことより、人のために進んで献身(みささげ)する心になって暮らす、自分の好きなこと得意なこともよいが、不得意なこと、心進まぬことにも(周りのためになることなら喜んで)努力するという生き方をする人に「孤独死」はない。◇いま、親密であるべき家族間の人間関係でも、乖離(カイリ-離れている姿)している人間関係を散見するとき、PLの教えが説かれなければならない事由を感じる。◇人ごとではない。私が かってある教会で、突然、麻薬常用者の男に襲われたとき、助けてほしい時そこに人がいなくて(みしらせ状態)となることの恐ろしさを知った(祖遂断で危機は免れたが)。死ぬときは誰もひとりなんだが「災害」に遭った時などでもそうだが「自分は日ごろ徳を積んでいるから大丈夫」と胸を張れる人は少ないと思うのである。◇二代教祖は『若く元気なときから、慎重に、用心深く人間関係に誠し、みささげして暮らすこと』と『人間関係を阻害する心グセ、えらそう、強情、カンシャク癖、心配性などを取るべく、神に依り 教えに依って努力すること』を教え
て下さっている。「平和の日」に「教えを頂いている幸せを本物にしよう」と真摯な信仰を訴えたことであった。
 

お年賀

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年12月27日(日)17時02分52秒
返信・引用
  新年 あけまして おめでとうございます。昨年は日米で「政権の交代」があり、教団でも、おしえおや様から、教団の組織変更の発表や、新年度からの布教の在り方の転換がなされます。私たちを取り巻く環境や、事情が変わると不安を持つ人も多い様ですが、おしえおや様は『人生は芸術である。どんな事態の変化にも、うまく対応できるかどうかは、互いの信仰心と結びにかかっています。信仰心とは、神に依って己を変えることであり、変えようとする努力です。そして結びは、文殊の知恵です。問題が来たら、引いてしまうのでなくて、みんなの知恵で乗り越えてください。乗り越えたさきには、きっと「進歩」と「真実」と「親切なあなた」があり、「あなたも私もの幸せ」が耀いていることでしょう。そんな皆さんの 2010年にしていただきたいものです』と おっしゃっておられます。この、おしえおや様のお言葉を胸に、私たちは、本年も真行を重ねて参りましょう!「おしえおや様と私」「神と私」の関係に、恥かしくない誠を貫いて 教えを体験し よい年とさせて頂ましょう。今年も どうぞよろしくお願いします。元旦  

やっとお会いできました

 投稿者:桃子  投稿日:2009年12月25日(金)08時15分49秒
返信・引用
  やっぱり、先生と奥様だったんですね!!
超・超・うれしいです。
雪かきで先生、お腰は大丈夫なのかな・・


でも、相変わらず米沢教会のホームページは
どこにいったのやら・・・・・
 

Re: 米沢のホームページを探して・・・

 投稿者:ふぁんたん  投稿日:2009年12月20日(日)13時35分38秒
返信・引用
  > No.229[元記事へ]

桃子さんへのお返事です。

> 米沢教会のホームページを探していて
> ここが出て来ました。
> 米沢教会のホームページ楽しかったのですが
> もう、止められたのかな・・
> ここが、米沢教会と関係していてるブログだったら良いのですが
> 米沢教会には、私たち夫婦が大変・大変お世話になった
> 先生夫婦が着任されているのですが、まだ
> いらっしゃいますでしょうか。
>
> ちなみに私はお漬物屋の
> おかみさんです。
> 解りますでしょうか。



こんにちは~~~!!
桃子さん
お漬物は
兵庫町にあるんでしょ?
ははははは
わかりました~~~~~~!!
昨日は、やっと年賀状を書きました~~
待っててね


      あのころの先生の奥さんより
 

【12,01月のコラム】

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年11月27日(金)17時09分52秒
返信・引用
  ◇おもしろい記事を見た。「メニエール病」は、激しい目まいと頭痛が続く、イヤな病気だが「かかりりやすい職業」というのがあるらしい。01).主婦。02).事務職。03).シフト制の現場作業。04).営業販売。05).システムエンジニア。つまり「目立たない働き手」に多く発症する病気らしい。◇一方、メニエールに患った人を、性格の面から調べたところ、★きちょう面な人。★き真面目な人。★遊びベタな人。★がまんする人。つまり「ストレス」をためるタイプの人がかかりやすいことが分かった。みしらせですねぇ!◇メニエールさんには、どの様なアドバイスがあるか、もう お分かりですね。☆几帳面に過ぎない様になさいませ!☆なにごとにも真面目に考えすぎない様になさいませ!☆適当に 息抜きなさいませ!☆我慢なさいますな!。ってことになるんだけれど(^^)、いい加減な人間に「マジにやれ」というのもムズだけれど、マジな人間に「いい加減にやれ」ってのは、もっと ムズだと思われます。◇もう一つの解決法があった。例えば、家事や介護の負担で、人知れずストレスしているメニエール人は、「感謝のない状況」に置かれているということなんです。「努力が報いられない状況」に置かれてストレスし、病気になっているのです。だから「本人の努力を理解してあげる」人がいれば、解決にグッと近づくということ!「ありがとう!」ねと感謝してあげることで、ストレスは解消するであろうと期待されます。出来得れば「報いられる立場にさせてあげる、ご褒美をあげる」ことができるならば言うことはない。◇PL人は「感謝は探してでもせよ!」と教えられています。ブラジルで「評判の悪い学校」に赴任した先生(PL会員)は、その日から「感謝カード」を1日30枚 書いて生徒に渡そうと遂断って実行した。どんな子にも 褒め 感謝すべき誠はあるはず「あなたの笑顔、今日のクラスを明るくしてくれたわ。ありがとう!」等と書いて渡し続けた。3ヶ月でクラスが代わり、学校まで変わり、表彰されたという体験がありましたね。人の誠を 探してでも感謝する!これが大平和(身近な処からの本当の平和を創りだす運動)の出発点であり、信芸の始まりです! ◇もう一つは「教祖の教えの実行」です。『認めてほしいという思いは我であって、みしらせの元となる心のクセである。われわれは「神」を信仰し、みおしえ・みしらせの真理を信仰している。人が見ていてくれまくとも、認めてくれなくとも、褒めてくれなくとも、神は必ず見ていて下さる!と深く信念して、誠して行きましょう。誠して、ソンすることは絶対にありません。そこを深く信念して、安心して神に依って ひとり黙々と誠しなさい。それが幸せを頂く秘訣です』と教えて下さっています。PL人が、メニエールにならない理由は、そこの真行にあるみたい!(^o^)ヾ(^-^ )  

Re: 米沢のホームページを探して・・・

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年11月25日(水)10時26分29秒
返信・引用
  > No.229[元記事へ]

桃子さんへのお返事です。

> 米沢教会のホームページを探していて
> ここが出て来ました。
> 米沢教会のホームページ楽しかったのですが
> もう、止められたのかな・・
>
> ちなみに私はお漬物屋のおかみさんです。
> 解りますでしょうか。

ええっ?!! まさか、四国から?

閉じていませんよ!!

これでも、、、(*^-^*)!
生きています!

ご愛顧くださいっ!!
 

米沢のホームページを探して・・・

 投稿者:桃子  投稿日:2009年11月 4日(水)08時17分27秒
返信・引用
  米沢教会のホームページを探していて
ここが出て来ました。
米沢教会のホームページ楽しかったのですが
もう、止められたのかな・・
ここが、米沢教会と関係していてるブログだったら良いのですが
米沢教会には、私たち夫婦が大変・大変お世話になった
先生夫婦が着任されているのですが、まだ
いらっしゃいますでしょうか。

ちなみに私はお漬物屋の
おかみさんです。
解りますでしょうか。
 

Re: 遂断と授かる

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年10月19日(月)16時06分10秒
返信・引用
  > No.227[元記事へ]

白楽さんへのお返事です。

すっごい!!!

すばらしい!!
 

遂断と授かる

 投稿者:白楽  投稿日:2009年10月13日(火)21時05分36秒
返信・引用
  先日スポーツの大会が有り、「今年私はもう出向いて行かなくても バザーの会場も皆会を重ねるごとに上手に手ぎはよくやっているので」と主人に話すと、「今年も来て欲しい」との返事 それならと会場に行く事にして、もし選手の人が怪我をして 会場には和式しかないトイレなので不便を感じると困るだろうと、介護用の簡易トイレを車に積み、家のお霊に
「会場に行って私に相応しい献身が出来ますよう」と遂断て出かけた、すると受付に選手の方の兄弟が特製椅子に座り人の動きをおもむろに眺めてしょんぼりしていた、両親は大会のお世話で忙しく、U君の面倒は見られなかった、小児麻痺の為に自由に動く事ができない
とっさに私は声をかけた「U君何処か行ってみたい?」すると「会場を色々探検してみたい、自分の足で歩きたい」と言ってくれた。其れならと両親の許可を得てU君をお世話することにした。車椅子では会場は回れないから歩行用の杖をもらって、子供のペースで歩く
健常者なら会場内1周するのに数分で回れるがU君は約2時間位掛かった、しかしU君は
最後まで自分の足で歩き切った「おばさん歩けた、有り難うおばさん」とにこやかな顔で言ってくれた。U君はまだ小学2年生ですが、探検している間に色々話してくれる事や、質問する事は鋭い観察力と人を思いやる心を持っている子供だなぁと、私は教えられた事が沢山あった。何時もイライラして暮している私に、この様なゆっくりとした行動を体験させて下さった神様に感謝です。遂断と授かる事を体験させて頂いた1日でした。お蔭で簡易トイレも使うような怪我人も出なくて良かった
 

【11月のコラム】

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年10月13日(火)10時18分46秒
返信・引用
  ◇「希望学」という分野を、東大の先生6人が立ち上げた。「あなたは人生に希望を持っていますか?」「国や街の将来に、希望を持っていますか?」の質問に、持ち家率・貯蓄率ともに、全国2位の福井県民は「希望がない」という答えが1番多かったのに比べ、製鉄所が潰れて不況のどん底を経験した、釜石市民は「希望がある」「希望を持っている」と答えた比率が全国1、高かった! 物や金、環境に恵まれていることが、必ずしも「希望」に繋がらないし、いま恵まれていないことが「希望をなくす」原因とも言えない。「これは研究に値するテーマだ!」となったワケで、一躍、はやりの分野となった。◇希望を持っている人は活き活きしている。希望を持てない人、希望のない人は、生ける屍と同様と言ったら言い過ぎだろうか。PLの信仰は「芸術生活の感激に生きる」日常を創造するにあるのだが、信仰心のうすい人、心グセの強い人は、往々にして、福井県民のような気持ちでおられる人がいるのは事実である。◇10月12日付けの芸生新聞に、加美弥真教会長の話として「補教師(信芸)活動には、有形無形の宝が授かる様に、おしえおや様が遂断って下さっている」というお話が載っていて、いまさらながら 感動した。◇「宝」を辞書で調べたら「かけがえのない人、もの」とある。「もの」の中には(有形無形と同じことになるが) 人間のよい意味での「内容律」が含まれていて、おしえおや様の、み遂断の内容律の深さ、大きさ、温かさ、有り難さを、今さらながら、感じさせて頂いたことだった。「信芸(補教師活動)」は、人の誠を育てる献身である。人さまの誠を育てようと、献身するうちに、こちらが誠にならせて頂ける「究極の おしえおや芸術(遂断)」である。人の誠を育てるみささげは、世界平和(身近な処からの平和)への尊い みささげであり、PL人すべてが真行して、享受すべき、おしえおやの遂断であり、神事である。◇「信芸」を、単なる「事柄」と受け取ってはいないか! 「あなたの耀く希望(宝)を創造できる、いちばんの真行であり信仰なのです!  

Re: 懐かしい風景と教訓

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年 9月14日(月)15時58分27秒
返信・引用
  > No.224[元記事へ]

白楽さんへのお返事です。

すばらしい書き込み、ありがとうございます!

うちの親も、この教えの再興を願って、
身を捨ててみささげした親でしたから、
ある意味で、捨てられたような状態でしたが
きょうだいみんな、りっぱな信仰者になって
いるのは、おしえおや様の遂断のお陰です。

私も、少しでも徳を残したいと頑張っています。
むすんでガンバリましょう!!
 

懐かしい風景と教訓

 投稿者:白楽  投稿日:2009年 9月10日(木)22時29分44秒
返信・引用
  母の生れた所に85年ぶりに行ってみた
4歳まで住んでいたそうで 最近は良くその頃の事を話してくれる
私も行った事がないので、懐かしいと言うのかどんな所か確かめて見たかった
細い道それでも県道6m程の幅はある、川沿いに1時間ほど掛けて
上流に行く 10軒足らずの家がある集落を 4つぐらい通り
目的の(大鹿)と言う集落に付いた
本当に川と山の間の細い道
右は山の木の枝が、左は川の土手に生えている竹に覆われ
昼でも薄暗い所があり、夜に走ると街路灯は見えないから怖いだろう随分山奥に来た
母の記憶だとお寺の石段を降りきった所に生れた時の屋敷があり
親は高瀬舟・筏船の船主をしていたそうで その時期は裕福だった
しかし親が今で言う人の保証人に成っていた為に家屋敷・船主の権利まで取り上げられて
忽ち貧乏のどん底に陥った
何とか山一つ越えた所に、母親の実家があり、そこの小作人になって家族6人が生活するように成ったそうで、そんな思い出を話して目的の屋敷跡に着いた思い出とはかけ離れた現実を見た母は、当時の思い出が少しでも有る所を探して見回りながら辛うじて屋敷跡の石垣が
草生した中に残っているのを見つけ、懐かしそうに眺めて、お寺の石段を少し歩いた
母の人生の栄華盛衰を感じた1日でした、今の幸せを有り難く感謝しなくては・・・♪
幼い時から聞かされた言葉「人に物やお金を貸す時には、無いから借りに来ているのだから
払いに来てくれれば良し来なくても良し、貸す時にはあげた積もりになれるのならば
貸して上げなさい」とこの言葉は母も父親から言われた言葉其れが私に流れて来て
私の心に教訓として入り込んでいます。
人の心はどんなに信頼していてもずれる事が有るのですね、最近信頼していた長年の友人に
裏切られた。母からの教えて貰った言葉に気が付いて、ハッとした此処から又スタートライン
 

9月のコラム

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年 8月19日(水)07時18分27秒
返信・引用
  松戸で信仰している 末の娘(西澤奈々)一家は、毎年1度、親元に帰省するのを楽しみにしている。ぼくらも 可愛いマゴたちに会えるのが、楽しみな様な、疲れる様な 複雑な気持ちなんだが、なぜかいつも、来る間際になると、三人いる子の、誰かが カゼを引いてしまい、来るか来ないか?の問題が発生する。 二年前の春は、来る間際に、末の子の円美(マドミ)が大カゼを引き、お兄ちやん二人に「円美のせいで、行けなくなっちゃったじゃないか!」等と 兄貴らにプレッシャーをかけられたが、丁度、来る予定の期間に、ボクが、脳梗塞を患い、入院したから「まどちやんがカゼ引いたのは、神業だったんだね! もし米沢に行っていたら、大変なことになってたかも!」「まどちやん、ありがとう!」と、妙な処で、みんなに感謝されたりしたことだった。今年は、次男(小2)の毅司(ツヨシ)が寝込んだ。「おまえがカゼ引いたら、また、行けなくなっちゃったじゃないか!」って兄貴から、プレッシャーも掛かっているかも知れない、でも 毅司自身も、来たくて仕方ないのだ。38℃の発熱の中「オレ 何でもすっから、早く治って 米沢に行きたい! ねえ、ママ どうしたらいい?」と母親に答えを求められた。「教えで、よく聞かせてもらうけれど、親孝行、遂断ったら、神さまが、毅司の願いを、聞いてくださるかも!」と。「うん、オレ遂断る!それ、する!」と、毅司。そうこうしてたら、末の一人娘の 円美(マドミ 5歳)も、カゼに!「ねえ、ま~かん(マドミ)も、する(遂断る)から!」と母親に。「えっ!ま~かんもするの!?」「うん!する!ま~かんも オヤゴモンする!」「!?」◇わずか二日間に 二人は全快、無事に、大好きな米沢の夏を、満喫することとなった!ありがとうございます!m(_ _)m  

Re: 教祖祭

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年 7月21日(火)05時55分39秒
返信・引用
  > No.221[元記事へ]

小松の宮田さんへのお返事です。

> 美人は別として家族4人とも体重は増えてます。
(内ふたりは増えなくてもいいのですが。)

ははははははは(‥、)ヾ(^-^ )(^o^)ヾ(^-^ )
 

Re: 教祖祭

 投稿者:小松の宮田  投稿日:2009年 7月20日(月)21時19分29秒
返信・引用
  > No.220[元記事へ]

> ひよっこり、宮田くんが出てきて、びっくりした!
> ほんと、久しぶりですね!

この掲示板はよく見てます。

> ボクらは、今年もブロックの留守番隊長です!
> 残念! 皆さんによろしく申し上げてください!

残念です。

> 美人の奥さん、かわいいチビたちも、お元気ですか?

美人は別として家族4人とも体重は増えてます。(内ふたりは増えなくてもいいのですが。)
また、ブログ拝見させて頂きます。先生もお元気で!。
 

Re: 教祖祭

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年 7月20日(月)10時03分13秒
返信・引用
  > No.217[元記事へ]

小松の宮田さんへのお返事です。

> お久し振りです。先生は教祖祭には来られないのですか?
> 小松は久し振りに物産店でかき氷をします。
> 教祖祭にいらっしゃる様でしたら是非どうぞ。

ひよっこり、宮田くんが出てきて、びっくりした!
ほんと、久しぶりですね!

ボクらは、今年もブロックの留守番隊長です!
残念! 皆さんによろしく申し上げてください!

             ( ^.^)( -.-)( _ _)

美人の奥さん、かわいいチビたちも、お元気ですか?
 

8月のコラム

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年 7月20日(月)09時56分46秒
返信・引用
  ◇天皇・皇后両陛下が、カナダのオタワをご訪問になっていた7月7日、18:00から、ナショナル・アートギャラリー(国立美術館)で、オタワの枢要な人々との「接見のレセプション」があり、甥の、後藤多加志先生夫妻 (オタワ教会長)も招かれ、正装して会場に向かった。◇多加志夫婦の肩書きは「オタワ日本語補習校々長」である。今までの校長(ボランティア)の記録では、大使館からこんな待遇を受けた人はいなかったし、こんな公の会に招かれることもなかった。おしえおやの遂断を頂いて、破格の神業になったと言ってよい。◇天皇皇后両陛下は3日、専用機でオタワにお着きになった。教会から5分の処に、オタワ空港がある、日の丸をあしらった大きな機体が二機(控えで、カラの飛行機が一機)、空港に並び、両国の国旗が立ち並ぶ街中は、歓迎のムード一色だったという。◇レセプションは500人の大人数で、体格が大きいカナダ人の中で、直のご拝謁は、とても叶わない状況だったという。多加志夫婦の前を塞ぐように、州の代表者、大臣、裁判所長官、両院議会議長、などの人たちが、両陛下と話されており、両陛下のご健康も優れないから早めに終わると聞いていたし、その他大勢の中に加えて頂けただけでも、ありがたかったと思っていたら、急に前5㍍ほどにいた大きな人たちが、まるでカーテンを引く様に、す~っとおられなくなって、なんと多加志夫婦が両陛下の真ん前に出てしまったのである。◇諦めていたのに、突然の神業に、若い夫婦は、真っ白! 先に 皇后がおいでになり、役職をお聞きになられたので「日本語補修校の校長を2年せて頂いています」『そうですか!校長先生でいらしったのですか、それは誠に、ご苦労さまでございます!』『で、お仕事は?』「大阪に本部があるPLの教師をしています」と申し上げました! 次は、いよいよ天皇陛下へのご挨拶。緊張しまくった多加志は「陛下、夢の様でございます!」と口走っていた。天皇が『あなたは、どういう方ですか?』と言われたので、皇后さまに申し上げた様に申し上げたところ、天皇陛下は、PLをご存じだった様で『ほう、で、そのPLは、オタワにも、あるの?』と聞かれたので「はい、オタワに教会がございます」、『皆さんはどうですか? 元気ですか?』「はい、お陰さまで、皆、元気でやっております」とお応えすると『よろしく』と、握手して頂いた!。奥さんは 感激で泣いていたとか。教えのため、世界平和のために!素晴らしい神業を頂いたと、詳細を知らせてくれました。皆さんにも、朗報のお裾分けです!!  

Re: 癌検査

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年 7月20日(月)09時54分20秒
返信・引用
  > No.216[元記事へ]

白楽さんへのお返事です。

いつも、このボードをご愛用いただき、
ありがとうございます!

それにしても、検査、よかったですね!
日ごろのご信仰が、生きているのですね!
ありがたいことですね!!

心からお喜び申し上げるとともに、
ご健勝を、お祈り申し上げます。(_ _)
 

教祖祭

 投稿者:小松の宮田  投稿日:2009年 7月19日(日)09時14分53秒
返信・引用
  お久し振りです。先生は教祖祭には来られないのですか?。小松は久し振りに物産店でかき氷をします。教祖祭にいらっしゃる様でしたら是非どうぞ。  

癌検査

 投稿者:白楽  投稿日:2009年 6月26日(金)21時24分57秒
返信・引用
  水曜日のお休みを利用して 大腸・食道・胃・十二指腸と内視鏡で検査をした
結果は全て良好 胃には癌になりやすい(ピロリ菌)も居なかった
検査医の説明では「ピロリ菌は大抵の人は持っていますが、貴女の場合は全く何にも無く胃は綺麗で癌につながる心配は有りません」と告げられた 一安心
検査に望むに当って御霊に「これから検査に行かせていただきます」とだけお願いして出発
其の他の事は何も願わず、神様に全てを委ねたすると心が穏かになれた
色々取り越し苦労をしないで望めたのも 神様の後押しがあったからだと感謝した
両親を通して神様から頂いたこの体大切に使わせて頂かなくてはと申し訳がない。
 

【7月のコラム】「つきすぎ」

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年 6月26日(金)16時22分54秒
返信・引用
  ◇今朝 思い立って、教会の飛び地 (雑収地) に 除草剤を撒いた。使っていない土地だから、放って置いてもいいのだけれど、ご近所から苦情が来るのである。除草剤が一番効果的と知ったのは 2年前。除草剤といっても「環境にやさしいタイプ」だから、2ヶ月もすると、また生えてくる性質のもので、心配はない。◇前回 撒いたのは 一月ほどまえ、塀際 5㍍幅の除草は 既にできているが、真ん中がウンと繁茂していて、ここが今日のターゲット! 週間天気予報で3日間の晴天が続くことが分かったから今朝の決行となった。◇大きめのポリタンクに 2本 (\8,000円分)、除草液をつくり、それを噴霧器で撒く作業。いつもは「南北」に歩きながら蒔いて行くのだが、雑草の様子や風向きで、今回は「東西」に撒いていった。何処までの範囲、散布したかは、目で確認できないので、カンに頼るしかなく、ムダなく、ムラなく 蒔いて行くには 技術が要る。◇行く先の目標を決めて ムラなく噴霧しながら 前進、後退をつづけるワケだけれど、今回は何故か、ジグザクになって、あらぬ方向に行ってしまうのである。◇南北は、塀が近いから曲がらないのかな? 東西で曲がっちゃうのは、磁気の関係かな? 等といろいろ考えてて、、、ようやく 結論を得た! まんべんなく散布しようと、雑草を見ながら作業していると、繁殖力の強い、ニクイ雑草が、ボンとあると、ついそちらに手を伸ばし シッカリ散布する、そうすると 足の運びが狂って、正しい方向を見失い、ジグザクになったり、目標と違った方向に向いて撒いていて シマッタりすることが分かったのだ! そう言えば、若い頃、学園の寮係していて頂いた みおしえに『成績のわるい寮生に対し、つきすぎたりせぬ』という「みおしえのか条」があった!ニクたらしい雑草に囚われて撒いていたら、方向 (目標) を見失ったり、ムラができたり、調和を乱してシマッタりするンだ! 寮の係でも、除草剤の散布でも、そして日常生活でも、、、みんな、おんなじことなんだ! 「つきすぎ」の心グセは、恐ろしい! 暑い中での3時間、いい「教えの体験」をさせて頂いた。  

【6月のコラム】

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年 6月10日(水)09時48分5秒
返信・引用
   ◇「その人は誰?」という番組があった。黒い長いマントをまとった人が 三人出てくる。すごい業績、スゴイ記録、熟練の技を持っている、その人 を有名人が当てるというクイズ番組だ。その人の内容律は顔に姿に現れる と言うが、これが不思議に当たる率が少ないのだ。◇それほど、人の内容 律って、分からないものなのだ。ただの年寄りだと思っていたら、筆を持 たせると、楽器を持たせると、厨房に立たせると、、たぐい稀なる自己表現、 芸術表現を見せてくれる。隠れた誠、隠れた才能、自他祝福する内容律、 それを培うことが「人生は芸術である」、人生の唯一最大の喜びを満喫する 中心であると言ってもよい。◇欧米人は芸術を大切にし、幼い頃から「情 操教育」に力を入れる。オーステラリア(Aus)ニュージーランド(NZ)に行 けば、どんな田舎の町にも博物館があり、教会がある。歴史や音楽や絵画、 彫刻などに幼い頃から触れ 情操を伸ばすことができるが、日本では 僅か に、県庁所在地に、ようやくそれらしきものがある位で、社会としては未 成熟なのかも知れない。◇「目に見えないものの価値」を大切にする。そ の為に喜んで資本投下をする。そんな社会になって、人間らしい成熟した 社会と言えるのであろう。◇カッパ座公演も、子どもたちの「情操教育」 のために、おしえおやが贈って下さる「芸術の花束」である。置賜から育 つ子どもたちの情操教育のために、協賛下さる皆さん、チケットを求め、 心から健全で、情操豊かな人間教育をしようとされている保護者の皆さん に、祝福の祈りを捧げたい。◇十日は「母の日」であった。教えから言う と(「父の日」も同じだけれど)、母は、子を産んだ、育てた、と言うだけ で「真の母」たり得ない、と思っている。『 80になっても、90になっても、 親は親、子は子である』と二代教祖は言われた。幾つになっても( より教 えを身につけ) 親として一歩でも向上し、PLの教えで言われる「真の母 親になろう!」と努力しているとき、はじめて神の祝福を得て「尊敬され るお母さん(お父さん)」に、なれるんだと思う。◇目に見えない付加価値 を、生涯 求めて努力している親 (それがPLの信仰) こそ、尊敬される「真  の親」たり得るのだと思っている。世の親たちよ。そんな決意を、新たに しようではないか! それが大平和社会を築く努力だと思うのである。  

【5月のコラム】

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年 6月10日(水)09時17分45秒
返信・引用
  ◇4月12日(日)産経の朝刊に掲載された、曾野綾子さんのエッセイは示唆に富んでいて、われわれの上にも参考になる話だった。◇一つは東南アジアの米作の話。自然に恵まれたこの土地では、努力さえすれば年に3回お米が採れる。そうしたら世界の食糧危機なんて1年で解消してしまうのに、彼らはそれを、しようとしない。◇理由を聞くと、そんなに働いて、人の分まで米を作ってどうするのだ。お金が入るかも知れないが、忙しすぎて使うヒマもないだろう。と言われ返事に困ったというのである。◇世界平和を考えるとき、そんな意識で国づくりしていいものかどうか、という問題。◇もう一つは、経済の不振で、イギリスは金の掛かる宇宙競争から手を引いた。そんなことに掛かっていたお金を、もっと福祉など、社会や暮らしをよくするために使ったらどうなのかという、もっともな意見。◇それを実行たら、どうなっただろう?社会は活性化する筈だったのだが、、、それ以来のイギリスは、社会的にも、科学の面でも、経済的にも、国際的にも「なんとなく元気がなくなってしまった」のである。イギリス社会全体が、萎縮してしまったのである!宇宙開発競争は、金ばかり喰って何の利益ももたらさないと思っていたが、それがイギリス全体の「元気」を牽引していたんだ!と、識者たちが反省しているのだという。◇これに類することって、、例を挙げるまでもなく、、身辺にいっぱい、存在する大きな問題である!家庭とか会社、社会や国家でも、同じ様な例をあげられるから、おもしろい。◇国家百年の計を建てるのには、民におもねったらダメだし、だからと言って民意と乖離(カイリ)しても、いけない。◇グランドデザインが描けない日本人、という悪口も聞くが、「中心を把握せよ」という処世訓は、調和を計りながら物事を決して行きなさい、というありがたい神の教えなのである。常に「なにが中心(要件)か?」を、祈りながら「芸術生活」を楽しみたい。  

PLの教えは生き方の根本

 投稿者:白楽  投稿日:2009年 3月20日(金)18時39分2秒
返信・引用
  私は3月4日に岡山県の邑久光明園に行き
「医学博士の牧野園長先生」直に講義を受けました
予定の看護学生さんは午後4時からに変更になったので当日は私と友達の2人だけの講義になりました
私の薄学では何も解らない、色々な内容をじっくりと教えてもらい目からうろこ以上の衝撃で
園長先生に、このような内容を社会の皆様にお伝えするのにはどの様にすれば、理解してもらえるのかと
聞きました。園長先生は「皆さんがここへ来て講義を受けて、本当の事を理解して貰うのが一番です」と
言われました。それには私も納得しました。
「らい予防法」が出来、其の法律によって人間の自由と尊厳は無視され 犬畜生にも劣る生活を虐げられた
色々ハンセン病の人の苦労は耳で聞いては居たものの、見ると聞くとは大違い
その後居室訪問で、お話しして下さった女性の方は昭和11年生まれの大阪出身者
語りべとして又原告団体の一人として法廷で証言もされた方で、しっかりされた方でした
その話の中に私は質問を「この事を社会の人の心から取り去るには、私達はこれからどの様な活動を
して行けば好いと思いますか?」しました。すると返事は「ハンセン病の私達が死に絶える事しかない」と
悲しい答えでした。私はこのような質問をしたのは本当に愚問だったと心からお詫びをした。
1時間半近くお話をして帰るときに 笑顔で握手をした、其の手の指は両手とも曲がっていました
でも血の通った暖かな手でしたよ、私は嬉しかった。

早速、仕事先で皆さんに「光明園」での事を話しましたら、皆さんハンセン病の事は歪んだ見方
考えをしておられました。
これからは皆さんに正しい見かた・考え方・思い方をしてもらえるよう 私の話せる範囲を超えて多くの方に正しい真実を広めて行きたいと思います。

当日は私と友達の2人だけで、
今後もっと多くの方が講義を受け・真実の声を生で聞き、体験された個人の心に正しい思いが芽生え
今までの歪んだ思いにお詫びが出来、人間として尊重して暮せるようにして欲しいと話し合った。
私は「語りべさん・園長先生」の話の中から
らい病や結核・癌・貧乏が辛いのではない、人からいじめられるのが辛いのではない、一番辛いのは
人から愛されない・望まれない・相手にされないと言う事が、人間にとって一番深刻な病気だと思いました。
今までの私の思いも何の役にも立たない事を感じ、これからの人生観を見直すほどの感動を覚えました。
このような体験を思い付かせて下さったPLの教はすごい この教えに誘ってくれた
信友その中で道標を解いてくださる先生には有難く感謝しております。
人間として根本はPLの教えしかないと改めて思わせて頂いた有難い一日でした。
 

【4月コラム】

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年 3月20日(金)10時18分4秒
返信・引用
  これは或ネット中の会話の断片である。◇「夫婦が真に愛し合っていることが夫婦生活なんだということを重要にしないのは、人間として、まちがっていると思う。われわれPL人は "妻の道"という教話をいっぱい聞いて来た。その反面 "夫の道"という教話を聞く男性は非常に少ない。女性だけが良い妻になるように努力すれば、夫は何もしなくても良いと信じている男性が、多いのではないか。愛に鈍感な夫でも、もう、今さら別れられないならば、せめてこの先 努力して、夫婦が腹を割って話し合い、心から仲良く過ごしてほしいと思う。一日に一回でもいい、妻と夫が声を出して笑いあえたら最低線、良しとしましょうかね」◇「よくぞ言ってくださった・・同感です!恋愛結婚でも、その時はきっと、夫は女性を1%ぐらいしか理解できていなかったと思います。でもやはり、そのあとが大切ですよね!理解できているようで、できていない・・理解してもらえていない。日々の生活の中で、同じ気持ちで笑える相棒が夫である、ってことは、ほんと、幸せですよね。私の知っているご夫婦でも、心では "家庭内別居"が多いようです。ご自分の気持ちを表現される ご婦人が増えたってことでしょうか。」◇「男性は、どちらかと言うと、家庭よりも仕事中心に励んでいますから、打てば響くような夫婦でも、そこに、不安材料がころがっています。危険がころがっています。夫方は、自分の理想に向かってばく進し、妻をかえりみないでも、平気でおれる。ふと振り返ると、いつもそこに妻がいて、にっこり 付いてきている安心感。そういう けなげな妻に甘えて、妻を愛することを、忘れていやしませんか?!妻の本心を、あらためて、ゆっくり聞く "勇気"はありますか?自分は妻を、これっぽっちも愛する努力をしないで、妻が俺の気に入るように、もっと動けと睨んでいるなんて!そんな自己中の態度は、許せません!(ゼーハーゼーハー)。まず、妻が "何を" "どう"思っているのか?夫がどうしたら、妻は幸せを感じてくれるのか? 心底、知ろうとする夫がいないんです!あまりにも、妻を愛することを知らない男性が多すぎるのでつい。失礼いたしました~~~」◇「サンタが居るかどうか」でアメリカの一人の子が、NYタイムズ社に、確かめの手紙を書いた、社では、子どもの心(夢)に傷を付けずに、どう返事すべきか結論が出ず、悩んだ末に、時の編集長に一任される事になった、、手紙の返事はこうだった。「○ちやん、サンタは確かに、居ます!ただね、、人生で、、大切なものは、、みんな、、見えないものなンだ! サンタもそうなんだよ!」。このステキな返事が話題になってNYタイムズ紙の株は、跳ね上がったという。◇この話を聞いて「そうなんだよ!夫の愛情が見えない女性は落第だ!」なんて同調する男性が居たとしたら、そちらの方が「落第」だと判定されても仕方ないかも知れない!  

(無題)

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年 2月16日(月)17時46分38秒
返信・引用
  ◇「布教活動報告書」に「みささげしてて、時々 空しくなるときがあります」という感想があった。これは、、ゆゆしき問題である! かつて「たった一粒のムギ」から支所にまで発展させて下さった 若く美しく有能な婦人補教師Oさんを、ガン発見から、たった三週間で失ってシマッタ反省から、、この問題は、会員さんの世話をする人たちに、教えを理解し、身につけて頂かなくてはいけない問題だと、、痛感していることだった。◇Oさんが病を発症される前に仰っていたお話は、いまでも私の耳を離れない「私は台所で菜っ葉を刻みながらも、、クヨクヨ思うんです、」と。若く経験がなかった僕は、その心の中を見抜く力も、、指導させて頂く Know-how(ノウハウ=方法・手段) も持たなかった!そして、あたら素晴らしい人材を死なせてシマッタ! という悔悟が今でもある。◇『決して"空しい思い"など、してはなりません!!人のために善いことをして、善いことを言って、、(自分の思い通りにならなかったからといって)空しい思いをするなんて!◇自ら言った、行ったことを否定し、、消し去る、、自殺的思考です! 同じ様なことは、家庭にだって起こることでしょう。子どもにだって、夫(妻)にだって、言って誤解されたり、悪意に取られたり、聞いて貰えなかったりして、、でも「空しい思い」をすると言うのは、大変に間違った、心の使い方です!◇人のために、善かれかしと思って言ったこと、行ったことに、思う様な結果が得られなかったとしても、間違った反省をしてはいけません!◇教義的にはそれは、(生かされている姿でなく、何ごとも自分の力でしている)えらそうで 強情な心グセということになり、折角、いい事をし、いいことを言っていても、、その心グセを出したために「幸せの積み重ね」「徳の積み重ね」にならず、、自らの善行や徳を「自分で蹴散らかしている姿」となり、、こんなに信仰しているのに、、こんなに献身しているのに(お陰がない)、、という、悪い「お手本」を示す結果になってしまうのです! ◇そればかりではありません。その心グセを持っていれば、、第一、意欲(自信)喪失の毎日でしようし、表現の自己否定ですから、、成就とか、、神(おしえおやの遂断)に依って、、言わせて頂いた! させて頂いた! って体験は させて頂く余地がない事になるでしょうし、、「みしらせ人生」となります。◇あなたも信仰者なら、、「どうぞ、この事が、、よい神業になります様に、」と、なぜ、祈らないのですか? 「私の未熟さは、今後 生涯の信仰で努力させて頂きますから、、どうぞ、このこと(この献身)の上に、おしえおや様の遂断を頂けます様に、」と遂断り、、そして、、遂断った結果 爽やかな(神に依る)気持ちになった、という体験を、なさってみませんか? 祈っても、遂断っても、まだ空しいですか? 不足の思いが、、溜まっていますか? ◇とすれば、、それは、、何なんでしょう?!  

自己表現

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年 2月11日(水)15時26分12秒
返信・引用
  アクターズスタジオというBs2のインタビュー番組を、昼食しながら観ていた。この日は、ジュディ・フォスター。この世界に趣味のないボクにも、興味深い30分だった。インタビューが終わって、演劇学校の生徒の質問に応える時間があるのだが、、男優志望の生徒が「オーディションの面接を受ける心得で大切なことを教えてほしい」とジュディに質問した。『演技をしなさい! 演技をすると言うのは、、自分の弱い処、、至らない処を演技して表現するのです。オーディションの様な場面では、、誰でも、、自分のよい処を見て貰いたい、という気持ちになるものです。でも、そう言う気持ちで出れば、個性のない、つまらないものになります。自分は涙もろいとか、、慌て者であるとか、至らない処がある、とすれば、、それを演技して表現することを、お勧めします。そこに あなたの個性が出てくるはずです』とアドバイス!PLの芸術論から言っても、、おもしろいアドバイスだ! と思いながらも、、もう一つ「コツン」と来るものがなくていた。夜、やはりBs2で、、ゴールデングローブ賞、の発表会! そこでのスターたちの表現を観ていて、、、な~んだ! スターたちの挨拶、、振る舞い! み~んな、ジュディ・フォスターが言っていた、それをやっているではないか!理屈っぽい人、涙もろい人、シャープな人、ぼ~っとした人、、みな、それをナマで出すンぢやなくて、、「演技(芸術。客観)」して表現している。その バライティや演技、くだけたおもしろさに、、みんなは喝采をしているではないか!自己表現も、ある意味、演技力(芸術力)、なのかも知れない!  

DNA

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年 1月13日(火)06時29分39秒
返信・引用
  男と女の「脳の機能」が違うのは「DNA」に依るのだそうな。男は、車をバックでスッと車庫入れできるのに、女は苦手。でも、女性は、周囲の状況を読むことは得意で、男は苦手。
男は先を読んで 行く先を追うことは得意で、女が打つ手が分からないとき「こうすればいい」って即座に答えることが出来るが、今度は、人の表情から、感情をあてることはまっ
たく 苦手。でも 女の人は、ほぼ100%、それを言い当てることができる、、、。これらの事は、明確な「脳の機能の違い」であり「DNA」の違いなんだということが、最近、分かって来たんだとか。それは人類発祥のとき(狩猟時代)からの、越えられない「男女の差異」なんだそうな(^^;)。また、こんな話がある。恋愛・結婚までに「引き合う心」は、同じ脳の奥処に中枢があるが、もう一つの中枢では、全然別の働きをしている。女性は男性を「誠実かどうか」観察し、男性は (いい子孫を残すため、無意識に)「女性の体型」を観察している。それは、HとWの比率が「10:7」のとき「結婚」のランプが耀く!(ミロのブィーナスも、その比率)。でも、結婚の情熱は「4年間」とプログラムされているから、離婚の危機は、、間違いなく4年目に訪れる。夫婦の会話を研究している学者に依れば、10分間、会話させると、離婚を予言できるという。それは、会話の中に「批判」「さげすみ」「受容のない」factor が入っていると「先行き離婚!」が断定できるという。科学的根拠から言えば、夫婦互いに「相手の言うことを聞く」「価値観を持たず、批判抜きで聞く」「こうすればいいぢゃないか」などの意見は、捨てる。そうすると夫婦は長持ちする)(^_^;)、、
 

グレリン

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年 1月 9日(金)09時58分3秒
返信・引用
  皆さん すでに ご承知と思いますが、遂に人類は「不老長寿薬」を手にしたかも知れない! しかも寒川賢治先生(国立循環器センター研究所)という日本人の手によって!アメリカでは若返りのために「ひと成長ホルモン(錠剤)」を飲む人が増えていて、成長ホルモンに何か秘密がありそうだ! ということは予測されていて、各国が開発にしのぎを削っていた。ひと成長ホルモンは、人間の死体(脳下垂体)から採取するしかなく、超、貴重なものであったが、10年ほど前から、大腸菌で培養する手法が開発されて、安く出回ることになった。でも、年間で、小さい耳かきに載るほどで過大な効果(±ともに)をもたらす「ホルモン」には超専門家でしか扱いは許されておらず、かって学園時代、「小人症」の子を治療してもらうのに苦労した経験があった。自由の國アメリカでも、ひと成長ホルモンは、確かに福音をもたらすが、危険な副作用も多く出て、副作用に対する警戒から、一時ほど愛用されることもなくなった。日本でも、ここの重大性に着目し、7年前に、寒川先生をリーダーとしたチームを立ち上げた。寒川先生は、脳下垂体だけでなく、人間のあらゆる臓器から50種類以上のホルモンを発見、採取して研究を進めた結果、世界にさきがけて「グレリン」の合成に成功したのだ!きっかけは、腎臓がそうであった様に、心臓から採取した物質から「心臓は単なるポンプにあらず、立派な内分泌器官である!」という、今までの医学常識を覆す発見をしたことに始まる。今の処「グレリン」の薬功は、次の様なものである。「食欲増進(拒食症の改善)!」「心機能(心不全)の改善!」「ガン治療!」「糖尿病の治療!」「老化を抑える治療!」などらしいが、まだまだ、様々な体質の改善に、未来は明るく拓けているらしいのである!寒川先生が学会に発表したら、早速、アメリカの研究所から「おめでとう!」のメールが入ったという。いい話ですね!でも、これを悪人が多用したら、、どうなるであろう!それこそ「手塚治虫の世界!」が実現するかも知れない!間違いなく、次のノーベル賞、確実なんだそうだ。科学の力は、恐ろしい!世界観が変わってしまうから!!  

(無題)

 投稿者:うんうん  投稿日:2009年 1月 5日(月)04時57分12秒
返信・引用
  明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。米沢は暮れの31日から元旦にかけて大雪となり、雪かき献身で大変でした。(^_^;) 『今年は、怠け心を出さず、、せっせと、、はげめよ!』との神の御心かな?っと受け取りました。(^^;) 世は「変」なんて'08年を評して言っているようですが、、、私の'08年は「感謝」で、、'09年は「励」ってところでしょうか。今年、知らぬ間に「喜寿」となりましたが、、この歳になって「励」とは、、「ムリ」ない様に励みましょう。(^^)ゞ ちなみに「ムリ」は、、「好み」や「つきすぎ」「強情」から来ることが多いので、、ムリを気にすることもさることながら、、、そちらの方に(神に依りながら)「気ぃつけや、」ってことでしょうか。改めて、今年もよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m  

アレルギー

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年12月 3日(水)16時33分16秒
返信・引用
  NHK「病の起源」を見た。1955(S30)年、初めて「花粉アレルギー」が日本で発見されて、以後、アレルギーは世界的に急増していると言うから、、PL学園の歴史とともに(笑)、比較的あたらしい病気みたい。イギリスの研究で、5歳児の子どもで、アレルギー症状のある子と、ナイ子に分けて、統計的に有意の数を確保、、徹底的に「環境調査」を試みた結果、、いろんな発見があった。わけても顕著な効果は、、幼い頃から、牛舎に出入りしている子には、アレルギーがなく、家畜(牛やブタ)と無縁に、清潔な環境に育っている子に、アレルギーが有意な差で多かった。その統計的な結果から、医学的原因の調査に入って分かったことは、、エンドトキシンという物質の存在である。エンドトキシンは、動物の細胞が壊れる時に出来る気化物質で、、主に「糞」に含まれている。例えば、モンゴルの遊牧民、、彼らは草原にアレルゲンとなるものが一杯あるにも拘わらず、アレルギーなどは無縁である。彼らは幼い頃から、ウマや羊とふれ合い、そのフンを乾燥させて燃料にしていて、エンドトキシンまみれの生活をしている、、からと言うのである。第一子より、第二子が、第二子より第三子の方がアレルギーが少ないのは、、きょうだいが遊びやふれ合いの中で、知らず知らず、雑菌(エンドトキシン)を媒介しているから、と結論付けている。でも、我が国では経済的な発展で、例え、きょうだいが居ても、一人っ子の様な育てられ方をされている傾向があるから、、この「きょうだい論」は、必ずしも当てはまらないかも知れない。もう一つ、重大なことは、、人間の発育過程での問題点である。人は生まれた時はまだ、、免疫機能が出来上がっていない。3歳児頃までに、免疫機能が仕上がって行くのだが、、その間に「エンドトキシン」が体内に入ると、免疫機能が正常化して、アレルギー反応(免疫反応の暴走)が起こらない体質になるが、、清潔に過ぎた環境で発育すると、、免疫機能も正常な発育をしないで、、本来、、免疫機能が働かなくていい筈の、、ほこりやダニ、花粉と言ったものに、暴走してしまうのが、、病気の原因なんだそうな。(エンドトキシンを吸入しているヒトの血を吸うと、そのダニは死んでしまう)。教師会議の帰り、、早速「musashi」に寄って、(家内がアレルギーなもんで(^^))小さな「牛フン」肥料を二種類 買ってきた。それをボリ容器に入れて部屋の片隅に置いたンだけれど、、ちょっと、、いいみたい(そんなもんぢゃ、、ねぇんでねの?(^_^;)でも、犬、ネコ、鳥、などは、別のアレルゲンになるから要注意ですと)  

オバマ大統領

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年11月15日(土)15時42分35秒
返信・引用
  アメリカ大統領選での、Terryの感想を聞くと、共和党は、、政府をなるべく小さくして、、政府は国民の「自由」(競争)を守るために、、できるだけ何もしない方がいい、、という考えで、、貧富の差や、、経済の力の差による歪み、、銃規制、、果ては、、災害時の政府の援助までも、、殆ど何もしないのと同じ、、といったやり方のために、、遂に、、国は興廃し、、行き着く処まで 行ってシマッタ。そしてそれは米国1国に止まらず、、世界までも巻き込む 混乱状態となっている。Terryは 腹が立って、、ブッシュの演説など、、聞くこともなくなっていたが、、オバマは、、変革をもたらして、、かっての栄光あるアメリカを取り戻してくれるに違いないと、、期待しているということであった。初の黒人の大統領ということも、、マイノリティにとっては、、嬉しいことであり、、日本人の株も 上がると、、期待しているみたい。「オバマさんは、、アフリカ系黒人の混血で、、社会的に恵まれなかった人に、、やさしい、、と言うことだから、、日本にも、、拉致家族のためにも、、いい事になるかも知れないね」と家内がいう。(そんな甘いものではない。民主党クリントン政権のときも、、日本は アメリカの肩代わりを 強く求められて、、苦しい舵取りを強いられたことがある。日本にとっては、、共和党政権の方がいいと思っている人が多いのだ、、とボクは考える) クリントンが 現政権を批判し「Change」の合い言葉で大統領になった様に、、ブッシュ政権を、、ことごとく攻撃し、、「なら、、お前ならできるか?」と問われれば、、「Yes We Can!」の合い言葉でブームを創り、、当選した、、オバマ氏。当選したあと、、早速「われわれが願っていること 総てが、、叶う ワケではない、、」とか「長い 時間と、、忍耐が 必要だ、、」とかいいだした。「トーンダウンした!」なんて国内の政治家の発言をスグ批判する、、日本のマスコミが、彼の発言に なんの反応も見せないのは、、エチケットなのか、、卑屈なだけなのか。アメリカの「一国主義」が、、違ったかたちで、、出てこなければ、、幸いである。  

1ミリの工夫

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年 9月 8日(月)17時09分1秒
返信・引用
  オリムピックの話題はもう「古い」感じだけれど、、英国スピード社の水着で「世界新」が続発したことは、、大きな話題だった。あれでスピード社はどれほどの利益を挙げたかは、、まだ誰も教えてはくれないが、、陸上でも画期的な工夫と努力で世界新が出ていることは、、あまり知られていない話ではないでしょうか。どこに工夫があったかと言うと、、それはユニフォーム! ではなくて、スパイクにあった!スパイクと言えば「軽さ!」と思うだろうが、、さにあらず、、尖ったスパイクそのものの改善なのだ! なんと、そのスパイクの改善に長年の努力を重ねた結果は、一歩で伸びる距離は、、たったの「一歩で1ミリ」だと言うのだ。世界一を競う100㍍走では、なんとスタートして10数歩でゴールしてしまう!つまり「10数歩×1ミリ」が、、長年の地道な研究の成果なのだ。スピード社の水着といい、、このスパイクといい、、日本の研究の成果でないのは、、残念至極だけれど、、われわれの生活の上にも、、この「1ミリの精神が必要」なのではないかと思った。1ミリの工夫が、、世界新記録を生むのだから。  

留学

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年 6月 2日(月)10時17分40秒
返信・引用
  娘の長女がオタワ大学経済学部への入学が決まった。ぢぢとしては、なぜ経済学部なんだと思うけれど、、日本の大学と違って、、日常生活に、より密着した分野らしい。日本の大学にやる事を思えば、かかる費用はあまり変わらないので、、日本の大学から、ホームスティするより、、思い切って、直に現地に渡って大学を目指すことになった様だ。下宿から探さなければならず、、大変な苦労をした。大学に進むには、まず、大学受験資格(語学力のレベル)を取らねばならない、、日常会話もできないところから、、その日の新聞記事を素材に、政治、経済、社会問題を素材に、、即日、ディベートできる処まで、約1年、、、よくこぎ着けたものだ。経済的にもたいへんだったが、、、大学に入ると、いい条件でバイトできる様になるから、、これからは大丈夫だろう。日本で大学にやっていれば、、こんな苦労をさせずに済んだのに、、と一時、母である娘が泣いていたけれど「家貧しくして孝子出ず」、先日、オタワ大学から「あなたを大学として受け入れることに決定しました。おめでとう!」の連絡があった。ぎりぎりではあるが、、いい事になった。よく頑張った。うらら。世のため人のため、教えのために、ともに、ガンバロウ!  

歩く

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年 5月18日(日)10時04分31秒
返信・引用
  仲間が、みしらせを頂いたのを機会に「歩きましょう! (そして不健康な環境からの脱出を図りましょう!)」と、ボクが提案した手前、、天候と気候がよくなった、20日ほど前から、時間を見つけて「歩く」ことを、家内と一緒に実行している。特別な行事がないかぎり、、朝早く教会に皆さんは来られない。加えて、わが家(わが部屋)は、東向きで、朝陽が、まぶしい位に入ってきて、この頃、4時には、カーテンを通して「朝だよ!」って知らせてくれるもんで、、、「朝飯前」に、最上川べりを、小1時間、、歩くことにしている。PL教師は、長時間の緊張、長時間の勤務、運動不足、の三重苦を背負っているようなもの。二代教祖は『PL人は教えを聞いているんだから、長生きしてほしい』と仰っている。みんなで歩こうと言った「言い出しっぺ」が「歩いていない」ンぢゃ、、「口頭善」もいいところ、、批判を受けても仕方ない、、、追い出される様にして歩き出したンだけれど、、ある人など、、「健康のためと、歩き出したら、脚と腰、痛めちゃってねえ、、踏んだり蹴ったりだよ!」と、、彼に比べれば、、梗塞患者のリハビリよろしく、、よたよた歩きではあるけれど、、支障なく歩けるだけでも、、お陰と言うべきだろう。20日間、、天候のよさに助けられて、、ほぼ毎日10,000歩弱、、歩けているが、、その結果は、、どうだろう? 今朝、久しぶりに、カンカンに乗ってみたら、、体重は変わっていなかった!が、、体脂肪率が「2」ほど改善していた!!(実数値は企業秘密(^^;) ほぼ毎日1万歩、20日間! それで体脂肪率が「ー2」、これは大変な努力だ。一ヶ月間、一貫して、やっと戴ける、僅かのご褒美、、それが「健康」なんだ! 生っちょろい決意では、、「健康」というお陰は、戴けないのだなあ! 教えの道の実行の厳しさを実感したことだった。
                以上
 

伝える

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年 5月10日(土)12時49分10秒
返信・引用
  松戸の次女が、幼い子どもたちも、少し手が離れたし、新しい事へのチャレンジとして、、この正月、初めて自分で着物を着ることにしたと言う。家内は、お茶を教えていたから、着物に関して知識もあるし、根が世話してあげたい方なので、次女にも、細々としたものや、着物の着方の本を送ったり、電話して教えたり、、端でみていると、大変な手間を、惜しまずにしているので、感心するくらいである。ワシントン在住の家内の弟、Terryの娘、ジャスミンが結婚する時も「ジャスミンには日本人の血が通っているンだから」と、わざわざ、三三九度の杯セットや、花嫁に着せる着物まで持参して、祝ってやった程、世話を焼くのだが、面倒がり屋のボクには、マネができない。でも、そんな家内の性格は、いい性格だと思っている。次女も「こんなに上手に着れました。皆さんにも褒められました。ありがとう!」と、幸せな写真が送ってきたし、、弟の嫁、ローズメリーは「姉さんは、薫り高い、オリエント文化を、われわれにもたらしてくれた!ありがとう!」と心の籠もった、感謝の手紙が来た。いいこと、相手が幸せになること、、それらを、教え、伝える能力や、意志、行動は、周囲を平和にする。信芸も、、それと同じ精神なのだと、、思うのである。  

不足こころ

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年 5月 1日(木)16時37分55秒
返信・引用 編集済
  円心会の、今月の勉強のテーマは「不足心」。 ◇不足思ったり、言ったりする瞬間、、人は既に「みしらせ状態」に入っている! ということ。 ◇不足を思ったり言ったりする心は、、芸術するとは、正反対の基軸に位置していることを、自覚すること。 ◇不足心は、総てのみしらせの原因であること。 ◇どんなに徳を積んでも、不足に思う、不足を言う、で「徳」は吹き飛んでしまうこと。などを勉強した。
人生は芸術である、、ということは、、「困難だらけである}という意味でもあるンだな!!
 

感謝表現

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年 4月23日(水)11時52分25秒
返信・引用
  「感謝は表現して成る」という教えがあるが、自らの暮らしを振り返ってみると、感謝表現が足らないことを思い知らされる。『表現しないと、どんな誠を持っていても芸術とならない、人間表現の体をなさない』という真理は、結構、、おろそかにされているのではないかと思うのである。先日「きょうは、、どんな日かなぁ、」と考えたら、、なんと一年前の4月3日、山形でたいへんな「小脳梗塞」をして緊急入院。そして退院した、その日であった。何の障害もなく快癒させて頂いて「おしえおや様に感謝表現していない!」これは大変とばかり、、お手紙をする。書き始めると、、2004.01.10.日に、、これまた、早暁、氷に滑って尻餅をつき「脊椎12番の圧迫骨折」という 重症のみしらせを頂き、祖遂断だけで解決させて頂いて、、米沢市立病院に行くと「一生車椅子生活をしてても不思議でない重症でありながら、、あなたのいまの回復ぶりは、、奇蹟としか言いようがない」とまで言われた神業(お陰)を頂きながら、、これまた、、おしえおや様に感謝の表現をしていなかったことに気付かせて頂き、、深甚なるお詫びとともに、、精いっぱいの感謝表現をさせて頂いたことだった。よくもよくも、、気付かせて頂けたものだ! だから表現するチャンスも与えて頂いた、そのことにも感謝させて頂いたことでした!  

さくら咲く

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年 4月19日(土)06時16分32秒
返信・引用
  米沢教会の玄関先、市内最大の北村公園の、さくらが17日から咲き始めました! 東北に来て、花見の習慣がないことの不思議さをお聞きしたら、さくらの頃はまだ、寒いから、どうしてもそうなるンですとのこと。なるほど、朝などは、まだ2℃なんて日もあるからね! でも二年前に、公園の南半分、、、つまり教会側に、、夜間照明の大工事! 広報に依ると、かつて米沢に在住され、今は仙台にお住まいの篤志家が、私財を投じて、かっての故郷、米沢の方々に、夜桜の美しさを愛でてもらおうと、市に依頼して工事しているとかで、今年は一昨日から美しい夜間照明が点灯している。われわれも、この頃になると、羽毛のアノラックに身を固め、夜な夜な、白い息を吐きながら、夜桜見物としゃれ込む習慣になっている。でも、いつも、あまりにも寒いので、長時間、愛でる余裕はない。そのせいか、市民も少なく、会員さんなど「夜桜見物+教会参り」としゃれる方は、残念ながら、イナイ!(+_+)。いわば、われわれの行為は、、贅沢な「夜ざくら見物」なのだ!今日は「教会新役員就任報告祭!」。大雨も重なって、みんなで夜ざくらを!、なんてもくろみも散った!(+_!)。「人生は芸術である、ということは、自信持ってサインできる日々を過ごせよ、という意味である」という話をしようと考えている。  

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年 4月15日(火)10時54分41秒
返信・引用
  学校に教員として在籍していたとき、進路について、保護者と相談して来なさいと、子ども達にも言い、保護者にも、よくよく言っておいたにも拘わらず、こちらが満足する様な「話し合い」に出会ったことがない。「お前がしたいことあるなら、そうすりゃいいよ」とか「先生はどう言われたの?」「こうこう」「ぢゃ、そうすれば?」で、殆どがオワりである。PLの教えでも「夫婦は、よく、相談して」行いなさい、と説かれるが、教えで言う「話しあい」という内容律に合致した「話しあい」に出会ったことは、稀である。あることで、仲間で話しあって、これといった収穫がないままに過ぎた処、二代教祖が『それは、話しあう人間に、誠がないからだ』と、お叱りを受けた。誠をもった人が話しあうと、より高度な結論に至り「話しあってよかった!」という感動を頂けるものだし、また「話しあえる喜び」を、相手に与える人間にならなくてはいけない、という内容でもあった。夫が(或いは妻が)相談する喜びを感じる存在となるべく、PLの信仰は、あるのであるし、「この人と話すと、、得るものがいつもある」「あの人と話しあうと、心が温かくなる」「いつも、何か、新しい発見がある」などという存在にならせて頂くべく、PLの信仰はあるのだと言って、過言ではないだろう。  

Re: 心は一つ

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年 4月14日(月)18時20分17秒
返信・引用
  > No.194[元記事へ]

白楽さんへのお返事です。

> カッパ座公演(つるのおんがえし)のチケット販売で、

すばらしいお話ですね! 感動しました。(><;)
 

心は一つ

 投稿者:白楽  投稿日:2008年 4月10日(木)22時01分47秒
返信・引用
  カッパ座公演(つるのおんがえし)のチケット販売で、フィリピン人の奥様がご主人に解説して貰いながら 是非日本の劇団特に子供向けのお話しの内容のものを観たいと
チケットを買って下さいました。当日になってタイミングよくお国から実母さんが来日されて 一緒に観たいとチケット1枚追加で観て下さいました。その夜感想を聞かせてくれ
お国にはこのような劇団は無い、内容は子供だけではなく今時の大人にも必要な内容ですと
大変感動・感激して下さいました。言葉は説明してもらいながら、涙でハンカチが手から放すことができなかったと 国は違っていても心に受け止める思いはは1つだと感じましたね
帰国される時にこの公演のビデオテープを頼まれたが まだ無いので後で送ることにした。
今世界は【民族・宗教・等々】の争いが多いがPLの教えはその様な争いとは無縁の教えです、PLの教が全世界に広がり世界平和が1日も早く実現出来ますよう 色々な国の人と接する事が出来、カッパ座公演のように楽しんで、喜んで、感動してもらえるのが今の私に出来るせいっぱいです。
 

レストラン

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年 3月14日(金)04時37分12秒
返信・引用
  きのうはお休みだった。春休みを利用して、孫の智(トモ)と加美の二人が、、小学校を卒業したから「教会で信仰の勉強を」させて欲しいとの、息子と娘の申し出で、、、夕食に「マナー実習」でもと考え、東京第一ホテル米沢に。「夕食のMENU 見せてほしい」と言うと「夜は団体さまのみで、、一般の皆さまのご利用は、、ありません」と、断られた! 補教師講習で、部長とご一緒に昼食をした上杉城趾苑のレストランに行ったら、、ここでも同様に、体よく来店を断られた!(ははぁ~これが、、、客数が少ない街の生き残り作戦か、、)。でも、、考えてみると、、、米沢市民は、いつの間にか、、しゃれたレストランで、気軽に夜の食事を楽しむことも、、できない街になってシマッタのか! と、愕然とした。ファミレスしかないなんて、、!  

子どもの遊び

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年 2月 9日(土)09時09分15秒
返信・引用
  時間があったのでホテルで新聞を読む。記憶をたどって書くので正確ではないかも知れないが、、最近の子どもは外で遊ばなくなった、という記事。子どもたちは遊びは知っているんだが、昔の様に、同じ遊びを繰り返し、あきもしないですることはなくなった。その理由は、、
☆自分の好きな遊び(ゲーム機など)を、優先してしたがる。☆勝敗にこだわり、敗因となった子をなじり、非難する傾向がある。☆優れた人、劣っている人の力を認め、劣った人には、ハンディをあげたりして、、力の調整を図ったり、集団の遊びを盛り上げる工夫を、しなくなっている。☆遊ぶ順位が、、昔は、友だちが一番だったのが、、いまは一番が「きょうだい」。二番が「親」。三番目にやっと「ダチ」ってことになっている。この大学の先生の分析に、共感を覚えたが、特に三番目の「手加減」について、自分の幼い頃の経験から、特に導管と興味を持った次第だった。
 

表現せざれば悩みがある!

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年 1月28日(月)07時09分23秒
返信・引用 編集済
  27日産経新聞に、教えの上から見て、興味のある記事を見た。夫婦間で不当な文句を言われても、反論せず、我慢している夫婦の死亡率は、、、反論しても解決しようとする夫婦より、「二倍」も高かった、とミシガン大学の研究チームが、17年間、192組の夫婦を対象にした研究で分かった事実だと! つまり、我慢夫婦17年間の死亡率は25%だったのに対し、我慢しない夫婦の死亡率は12.3%だったというのである。人は表現の動物である。表現しない、こらえる、不足を思いながら暮らすことは、神慮(ミココロ)ではないという、教えの実証のような記事だった。  

ガン性格

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年 1月21日(月)06時31分44秒
返信・引用 編集済
  婦人会が、清島博士の本「心で病気を治す」を土台に「健康講座」をしてくれと言われ、ぼくの苦労は倍増。2月は「ガン性格」! 医学事典で調べているンだけれど、調べるほどに、、この病気のスゴさを感じる!人間の通常の皮膚からES細胞を創り出すことに成功した京大の先生も、整形外科の先生だったが、誠実に職務を遂行しようとすればするほど「治らない病気」に遭遇し、それがイヤで、研究部門に転進したと言っておられた!二代教祖が『人間が病気や事故に至るまで、37回も、神は警告を発しておられる(神は大慈大悲であるの論拠)のに、人間が神慮を解しないから、みしらせになるのだ』と教えて下さっていたが、、、「ガン」も、発症までに、なんと20年もの時日を要し、かつ、幾つもの防御機能をかいくぐり、「遺伝子の変性」というムズな変化を、4回も重ねて、、やっと「ガンが発症する」という複雑な経緯を経て、、ガンの神業に至ることを想えば、、、道を守ることの大切さ、、!PLの教えのありがたさ!神のご慈悲、、、を想うのである!!  

教育

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年 1月18日(金)13時10分52秒
返信・引用
  留学といえば、文化の高い国で学ぶのが通例だが、拓大の渡辺学長は、あえてフィリピンやインドネシアの不幸な子ども達を救うNGOと結んで、あえて生活に困っている子ども達と、現地体験をさせ、人間は自分のためだけに努力するのでなく「公」に尽くすことを通して、生き甲斐を感じるものであることを教育し、その様な社会的公正に挺身する、平和人を育成しようとしているという。三年間で1,000万円の予算を組み、一ヶ月程度の現地体験を単元に組み込むのだという。10人に1人でもいいから「公に尽くす喜びを持つ人間を育てて、日本の国を作り直そうとしている」先生のアイディアとご努力に、賛成の両手を挙げたい。  

「小皇帝の涙」

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年 1月 9日(水)15時29分26秒
返信・引用
  標記のNHKドキュメントを見た。中国の小学校五年1班(組)の話。「一人っ子」政策のツケが、子どもに押し寄せて、家庭では「小皇帝」と言われるほど大切にされていると外からは思われるかも知れないが、子どもの立場から言うと「親の過大な期待と縁つけ、干渉の圧力に、潰されそうになって涙している」というドキュメントだった。「教えで縁をつけるとは、こういうことだ!」「子どもに縁付け過ぎたら、こうなるよ!」の見本の様なドキュメントだった。 同じ日の夜の番組で家内が見た「中国の小三の学級委員長の選挙の実態」という番組は、親ぐるみで「策謀」「策略」「中傷」「利益誘導」を駆使して「長」に上り詰める「社会勉強」を、小三から、熾烈に争っているというものだった。「あんな小さなときから、大人の醜い争いそのままの中を、生き抜いて来た中国人とは、かなう日本人はいないのではないか!」と言うのが家内の感想。よくも悪くも「中国」は驚異みたいですね!  

弥生の人

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年 1月 5日(土)12時49分12秒
返信・引用
  テレビを見ていましたら、ブラジル、アマゾンの流域で、雨期は洪水で溢れ、乾季は干上がって大地がひび割れするといった最悪の地に、立派な文明を築いた「クニ」があった、という話を紹介していた。その湿地帯には「イスラ」という人工で築いた丘が広大な地域に点在し、そこに建物を建てて人が住んでいたらしい。そこに驚愕すべき事が。一つは、そのイスラを連絡する道「テラプレン」という土手の様な通路があり、それが通路と同時に「治水」の役をこなしていて、この不毛の地を楽園にしていた!というのだ。第二に、ここの土地は「粘土質」で、作物には適しない土なんだけれど、そこの人たちは「テラプレタ」という特
殊な「黒土」を創り出し、作物を得ていたという。そのテラプレタは、一旦出来上がったら、何年も肥料をやらなくても作物は豊に育つのだというので、ブラジルの科学者が20年もかけて、同じテラプレタを創り出そうと研究しているんだけれど、未だに創り出せないでいるとか。「日本に任せたらイッペンなのにね」「人糞が入っているのを知らないナ!」なんて、勝手なことを言いながら見ていたのだが、、、そうそう! 一番大切なことを言い忘れる処だった! そこの墓に豊富な装飾品とともに眠る「高貴な人」の骨を調べたら、、ナンと、、日本の弥生人と一致した! と言うのだ。ブラジルと日本って、、PLだけでなく、、いにしえよりの、、ご縁があったのですねえ、、\(◎o◎)/!
 

かぐや

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年 1月 5日(土)10時02分58秒
返信・引用
   天の邪鬼な性格だからかも知れないが「アポロ11号は月面に降りてはいない」(あれはネバタの砂漠だ)という説を、ひそかに信じているひとりである。その論拠としている処が、いちいち理屈に合っているから。この度、日本の月衛星「かぐや」が打ち上げに成功し、月表面の鮮明で、詳細な映像を、ハイビジョンカメラで送ってきて公開された。何度目かの報告に「アポロ宇宙船」が着陸したという「静かの海」の映像を送ってきて曰く「静かの海に、その痕跡を追いましたが、証拠となるものは発見できませんでした。宇宙研では、解像度を良くして、再び挑戦すると言っています」この報告を最後として、かぐやの報告がふっつりと途絶えている。帰還するときのロケット発射台が残っている筈である。米国国旗がある筈だ。足跡が分かるはずだ!!それが、なにも見えない、報告が途絶えている、、、これは、、ますます、、あやしい!時を同じくして打ち上げられた中国の月衛星は、資源探査が
目的で、日本の様な働きはできない。
 

ご挨拶

 投稿者:うんうん  投稿日:2008年 1月 2日(水)10時54分27秒
返信・引用
  昨年中は、このボードを読んで頂いて、ありがとうございました!(_ _)。。o 本年もよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m 今朝、テレビを見ていましたら、ブラジルのアマゾンの流域で、雨期は洪水で溢れ、乾季は干上がって大地がひび割れするといった最悪の地に、立派な文明を築いた「クニ」があった、という話を紹介していた。その湿地帯には「イスラ」という人工で築いた丘が広大な地域に点在し、そこに建物を建てて人が住んでいたらしい。そこには驚愕すべき事が二つある。一つは、そのイスラを連絡する道「テラプレン」という土手の様な通路があり、それが通路と同時に「治水」の役をこなしていて、この不毛の地を楽園にしていた!というのだ。第二に驚くべきことは、ここの土地は「粘土質」で、作物には適しない土なんだけれど、そこの人たちは「テラプレタ」という特殊な「黒土」を創り出し、作物を得ていたという。そのテラプレタは、一旦出来上がったら、何年も肥料をやらなくても作物は豊に育つのだというので、ブラジルの科学者が20年もかけて、同じテラプレタを創り出そうと研究しているんだけれど、未だに創り出せないでいるとか。「日本に任したらイッペンなのにね」「人糞が入っているのを知らないナ!」なんて、勝手なことを言いながら見ていたのだが、、、そうそう! 一番大切なことを言い忘れる処だった! そこの墓に豊富な装飾品とともに眠る「高貴な人」の骨を調べたら、、ナンと、、日本の弥生人と一致した! と言うのだ。ブラジルと日本って、、PLだけでなく、、いにしえよりの、、ご縁があったのですねえ、、\(◎o◎)/!  

なら枯れ

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年12月17日(月)14時19分22秒
返信・引用
  ならの木が枯れる現象は、全国にあるのだそうだが、ここ山形は、いちばん被害が大きいのだそうな。そう言えば、今年の紅葉は、枯れ葉が多くて、、美しくない、、などと思っていたが、その実は「なら枯れ」にあったんだということを、最近知って驚いている。米沢から、親教会の山形へは、よく行くのだが、今頃の山の風情を見ると、その被害状況が鮮明に判別できる。ならの木は、シイタケの用木として使われたり、生育が早いので、いろんな用途に供されて、気軽に切って使われていたが、最近は、ならの木の需要も減り、加えて山の木の手入れがなされないから、、ならの古木が増えたのが「なら枯れ」の原因とか聞いた。家庭も、社会も、日本の国も、、、なら枯れにしてはいけない!  

Re: 苦労と努力

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年11月21日(水)10時30分34秒
返信・引用
  > No.182[元記事へ]

osomatsuさんへのお返事です。

インタレストな記事を紹介して下さってありがとう!
早速、読ませてもらいました。手塚治虫さんは、わが家挙げての
ファンで、長男なんか、それが長じて医者になっちゃった、、、、な
んて言うと、、チト誇張かな?(^^;
手塚治虫さんが晩年、売れすぎて原稿書きに追われていたドキュ
メントを見ましたが、、、売れっ子の悲惨さを思いました。あれは、
客観的には「苦労」以外の何ものでもなかったですよね。

後半の、
>もちろん「やりたいことだけやれる人」なんて、そんなに
>いないでしょう。でも、やりたくないことの中にだって、
>『面白さ』の小さな欠片を見つけることは、けっして不可
>能ではないはずです。「苦労自慢」というのは、本当は恥
>ずべきことなのです。
とかは、いいとしても、、
>「苦労すらしようとしない人」はどうなのか?と問われる
>と、ちょっと考え込んでしまう話ではあるのですけど。

なんてところは、、教えを知っておられたら、ビシッと決まる
ってかんじですね。(^_^)ゞ

でも、
> それにしても手塚治虫さんの「もっと面白くしたほうがい
>いねぇ…」っていう言葉、とても深くて、いつか自分の子に
>も言ってみたい気がしております。(^^ゞ

って 0somatsu さんを通して聞くと、、、ボクも言ってみたく
なりました!"r(^_^;)
 

苦労と努力

 投稿者:osomatsuメール  投稿日:2007年11月20日(火)10時33分46秒
返信・引用
  「苦労」してるのを「努力」してると思ってる人
http://www.enpitu.ne.jp/usr6/bin/day?id=60769&pg=20071119

なんて記事がありました。

> 山田:苦労してるのを努力してると思ってる人って多いですもんね。
>
> 手塚:苦労はしないほうがいいですね。一番の違いは、「やらされてる」か「やってる」かっていう違いだと思うんです。

『絶望に効くクスリ Vol.11』(山田玲司著・小学館)より。

山田玲司さんが、各界で活躍している人々との対談を漫画化した作品の一部で、「漫画の神様」手塚治虫先生の長男でもある、映像作家・手塚眞さんの回からの引用だそうですが。

なかなかこういうネタを見つけては、どこかに自分のメモとしても残しておきたいと思いつつ、他の場所がないので、ここに「こんなんありましたでぇ~」的に書かせていただいております。m(__)m

ご参考まで。って、、、(^^ゞ

それにしても手塚治虫さんの「もっと面白くしたほうがいいねぇ…」っていう言葉、とても深くて、いつか自分の子にも言ってみたい気がしております。(^^ゞ
 

(無題)

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年11月 7日(水)09時48分59秒
返信・引用
  Bs1で中国テレビの戦略を紹介していた。世界がどこも注目しない様な南国の島国に、費用や技術は皆、中国持ちでテレビが見える様にし、中国の放送が自由に見られる様に設計。「中国は夢の様な、素晴らしい国」「中国がこんなに公正で民主的な国だとは知らなかった」など、国民はみな親派になっている。国連など国際舞台では中国の心強い味方になることだろう。NHKの取材記者は「中国の国の政策で、いま世界中、どこでもCCTが見ることができない都市はない現状だ」ということだ。かって、日本の政府高官が「NHKは(公共放送なんだから)もっと、世界に向かって放送できる様に計画すべきである」と意見したら、NHKの会長が「政府の意見に左右されることはない」などと抗弁していた。日本人って、、なんて戦略的な思考ができない民族なんだろう! 悲しいほどである。  

Re: 役者

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年10月26日(金)10時31分15秒
返信・引用 編集済
  > No.179[元記事へ]

osomatsuさんへのお返事です。

笑っていい友ふうに言えば、、「おひさ!」かな(^^)、、紹介して頂いたボード、、読んで、、とても参考になりました。ボクの心の中にあったものを、、器用につまみ出して、、見せてくれた様な、、とてもインタレストべした(^^;)、、これって、、(-_-;)、、。教会も、、うっかりすると、、忙しいのに、、何も生み出していない!、なんてことになりかねませんね(^^ゞ、、。ありがとう!感謝です。

先生が東北におられなくなって、、「東北はひとつ」が「東北は、、たった一つ」(^^)ゞになりつつあります。(>_<)、、やっぱ、管理人さんのみささげがなかったら、、栄養源を絶たれた植木鉢の植物みたい、、です(>o<) みんなに「やれっ!」て、、やるようにすれば管理社会でしょうし、、おしえおや様のお気持ちがわかって、、せつないですね、、(+_<) でも、頑張っています。(^o^)ヾ(^-^ )

> そちらはもう初冬でしょうか。お体に気をつけて! (^^)/~~~

米沢は、東北でもとりわけ寒く、一昨日の朝は「3度」べした!
今日は一階の台所の工事でひっくり返っていますが、終わったら
除雪機の整備をして、、、スタンバイです。(`´) あと一ヶ月したら
4時起きの修行が始まります。

そこは酒どころみたいね。悪酔いしなでくだい。(^-^)/~~~
 

Re: 役者

 投稿者:osomatsu  投稿日:2007年10月26日(金)09時10分56秒
返信・引用
  > No.178[元記事へ]

うんうんさんへのお返事です。

> 映画・演劇に趣味のある家内は、山形への車中、概要次の様な話をしてくれた。「仲代達也はいまでも"自分は役者向きではないのではないか?"と、いつも思っている、、、面倒見もよく、人情家の彼も、いつも謙虚に自らを見つめているのね。」「常連の様に毎年オスカーなどの候補に挙がるダスティンホフマンは、役者を目指す若者の前で、自分を飾ることなく披露した。"監督が要求する様に、どうしても出来ないとき、、オレは何というヘボ役者なんだ!っと腹が立つことがある。それも、、しばしばなんだ。しかし放り出して止めることは出来ない! 帰ってしまうこともできない! 逃げ出すことだってできないのさ! 役者の仕事だけじゃない、、人生って、、、そんなことって、、あるよね!"って、、、私の人生を振り返っただけでも、、同感!! ホフマン、よく言ってくれた! って、、思わず握手したい気持ちだった!」と、涙さえ見せて語ってくれて、、運転しながら、ボクも感動させられた。「スターって、皆よく勉強しているし、人生を語らせても一流(PLの教えと一致する)ね」とは家内の弁。(奥さん、PL人の趣味も、、、ただの趣味ぢゃぁござんせんね!(^^))

osomatsuです。ご無沙汰してます。m(__)m

興味深く読ませて頂きました。そういう意味で(ってどういう意味?)、上記のように生きたいと思いつつも、私自身がいつの間にか陥り、あとから反省するのが、自分の思考方向、ベクトル、生活態度、姿勢、etc...の官僚化。

ちょっと面白い記事がありましたのでご参考まで。

「屁尾下郎」氏のツッコミが世の中を詰まらせる (「公私混同」原論):NBonline(日経ビジネス オンライン)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20071023/138300/

そちらはもう初冬でしょうか。お体に気をつけて! (^^)/~~~
 

役者

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年10月25日(木)23時32分13秒
返信・引用
  映画・演劇に趣味のある家内は、山形への車中、概要次の様な話をしてくれた。「仲代達也はいまでも"自分は役者向きではないのではないか?"と、いつも思っている、、、面倒見もよく、人情家の彼も、いつも謙虚に自らを見つめているのね。」「常連の様に毎年オスカーなどの候補に挙がるダスティンホフマンは、役者を目指す若者の前で、自分を飾ることなく披露した。"監督が要求する様に、どうしても出来ないとき、、オレは何というヘボ役者なんだ!っと腹が立つことがある。それも、、しばしばなんだ。しかし放り出して止めることは出来ない! 帰ってしまうこともできない! 逃げ出すことだってできないのさ! 役者の仕事だけじゃない、、人生って、、、そんなことって、、あるよね!"って、、、私の人生を振り返っただけでも、、同感!! ホフマン、よく言ってくれた! って、、思わず握手したい気持ちだった!」と、涙さえ見せて語ってくれて、、運転しながら、ボクも感動させられた。「スターって、皆よく勉強しているし、人生を語らせても一流(PLの教えと一致する)ね」とは家内の弁。(奥さん、PL人の趣味も、、、ただの趣味ぢゃぁござんせんね!(^^))  

雑収地

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年10月23日(火)10時41分43秒
返信・引用
  わが雑収地(600坪)は、秋を迎えて三層の不思議な様を見せている。まず、中心のあたり、いつも刈り残しちゃう処(今年一度も刈り込みをしなかった処)は、すっかり枯れて、、雑草の量も少なく、、自然に雪を待つ風情! その外側の、いつも刈りまくる処、、、そこは雑草が両三度に亘る刈り込みにも、負けじ!とばかり繁茂して、もう一度刈らなくっちゃないかな?と思わせながら、、、最近の朝晩の寒気に、、勢いが止まっているって感じ!夏、二度目の除草剤を散布した、、一番外側(塀際)の、5㍍ほどのベルト地帯は、、、なんと若草というか、、雑草の新芽が、、、青々とはびこっているではないか!! 結論が、、放って置いた方が、、、一番、、自然! という現実と事実! でも、、、ご近所の要請もあって、、、放っておくことも出来ないし、、、!ハムレットる毎日なのです!(TT)  

宇宙でのイスラム

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年10月13日(土)10時52分4秒
返信・引用
  今度、初めてイスラム信者がスペースシャトルに搭乗することになって「宇宙での信仰を貫かせるために、どうするか」と、105名のイスラム教の賢者が集うて協議、これ務めたという。☆一日6回の「礼拝」をどうするか?(宇宙船がsec/8000キロで地球を廻っているから、礼拝ばかりしなくちゃない!)(^^) ☆礼拝の姿勢をどうするか?(無重力の中では、あの姿勢はとりにくい)(^-^) ☆必ず聖地の方向を向いて礼拝させる、という憲法をどう守らせるか?(地球そのものがmoonほどになるンだからね)(^o^) ☆お勤めの時間をどうするか? など。なるほど、、、考えてもみなかった!「PLは、、その点いいよね!」なんて言うなかれ!イスラムを嗤うなかれ!そんな処を疎かにしていては、、、教えは広まらない!
で、、、どうなったか?? 結論を分かりやすく言えば、、、○一日6回の礼拝は適当に!○姿勢
は、任す!○方向は地球に向かって、聖地を心に描きながら!○時間も、任す! てな具合という。PLも、、、国際時代を超えて、、、宇宙時代対応!を考えなくちゃないかも!!
 

お手紙

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年 9月28日(金)20時42分46秒
返信・引用 編集済
  次女の長男はいま小2、父親の影響でサッカーをやっていて、一学期の「カガヤキくん」に選ばれた。そのヒデくんから、生まれて初めての「お手紙」が届いた。朝、家内が、黄色い封筒を持ってきたので、みると、孫のヒデくんから、宛名も住所書きも、本人の筆跡!○げんきですか?○いまなにしてますか?○げんきでね。たったそれだけだったが、、これは、返事せねばなるまい! と、早速 PC に向かい B5二枚の、お返事を書いた。「西澤秀明さま」って黄色い返書をもらって、彼は、、驚喜、、「学校に持って行く!」って家を出た。それから、、どんな経緯があったのか分からないが、、次女が学校に行ったら、担任の先生から呼び止められ「いま二年三組は、変貌しています!申し訳ないのですが、、、おじいちやんのお手紙を皆に読ませていただきましたら、みんな、俄然!お手紙フィーバーしましてね! すごい教育効果になっています! あの、お返事、、いいですねえ!!孫のヒデくんの質問に、マジに応えて下さっていて!ありがたい手本でした!、本当にありがとうございました!ひと言、お礼申し上げたくて!」なんてことになってシマッタ! 世のため人のためになります様に!という遂断は、、、思わぬ方向に発展することも、、あるのだ!  

私もお返事を

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年 9月27日(木)04時56分44秒
返信・引用
  osomatsu さん、知らぬ間に、、見えてたんですね。ありがとうございます!あなたが立ち上げて下さった「東北はひとつ」は、この度の夫人研修に、力あって充分の働きを発揮し、研修以来、夫人たちの書き込みが増え、積極的になり、、感謝が連鎖しています。重ねて、、ありがとう! ぼくらも頑張っているンですが、やっぱ、0somatsu さんがおられないと、、背中を押したり、、引っ張ったりする人がいないもんで、、阿部内閣の人気みたく、、今さらながら、、あなたの働きの素晴らしさを実感するこの頃です。でも、、負けずに頑張っていますがね(^_^;)、、、  

Re: 某所が見れなくなってから、、、。

 投稿者:あんしんメール  投稿日:2007年 9月24日(月)22時20分33秒
返信・引用
  > No.169[元記事へ]

osomatsuさんへのお返事です。

もう新しい環境に慣れた? こないだ、例のお伺いへのエールをいただいたのにどうやって返せばいいのかわからず、ごめんね。我々も、打たれなれているので、ちょっとやそっとのことでは負けないでがんばります。(今のところ、あんまり、たいしたつっこみはありませんけど)
 

五次元の世界

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年 9月24日(月)15時28分2秒
返信・引用
  いまアインシュタイン以来の発見と騒がれている理論物理学の研究テーマは「五次元の世界」だ。ぼくが学生の頃、東大数学科の俊英から、四次元の世界の話を聞いて、タテ・ヨコ・高さの三次元の世界しか知らないぼくらには、牽強付会(ケンキョウフカイ)の説の様にも思えたが、未知の世界が理論上存在するという新説に胸が躍ったものだった。あれから半世紀、、、アメリカの美しい女性物理学者、リサ・ランドール博士(ハーバード大学教授)によって提唱された五次元の世界が、なんと本年、フランスの素粒子研究所で、世界の物理学者を集めて実験、検証されようとしている、と言うではないか!有史以来、アインシュタインでも解けなかった「重力」「素粒子」「宇宙の空間」などの「ナゾ」が、そして新説「五次元の世界」の存在が、「宇宙生成のナゾ」が、われわれの世代で、、、解き明かされようとしているのだ!なんと痛快な話ではないか! 卑小な自分が見知った世界しか信じない、なんて人間は、こんな夢に満ちた世界が存在するという事実を、なんと思うであろうか? 東大で講義し、日本の若い科学者と秘密なく、直裁に話しあい、居酒屋で様々な疑問に応え、心からのアドバイスをする博士に国境はない、人類の未来を拓く科学者の、平易で純粋な情熱を感じてぼくらも感動し、心からの声援を贈ったことだった。  

あら~懐かしい!

 投稿者:ふぁんたん  投稿日:2007年 9月22日(土)13時57分44秒
返信・引用
  osomatsuさん!
コメントありがとうございます!
びっくり致しました~~~~!
こんなところで、お会いするとは~~~!
これからも、どうぞよろしくお願いいたします!
東北教区教師夫人研修会が終わってから
あのサイトがとっても賑やかになりましたよ!!
osomatsuさんのおかげです!
ありがとうございました!
 

某所が見れなくなってから、、、。

 投稿者:osomatsu  投稿日:2007年 9月21日(金)12時40分38秒
返信・引用
  ここの掲示板の書き込みを読ませていただくのを密かに楽しみにしております。m(__)m

遠く離れてしまいましたが、お体にお気をつけて、これからも切り口鋭いのをお願いいたします。(^^)v
 

感謝

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年 9月21日(金)09時49分44秒
返信・引用
  白楽さん、あんしんさん、書き込み、ありがとうございます! 私も75歳になり、町内会から、初めての敬老のお祝い(デパートの商品券)を戴きました。長生きするって、、いいこともあるンだ!って思った瞬間でした(^^)ゞ。今はDNAをコンピュータで解析したら、、事故や疾病がなかったら、80%の確率で、寿命を予見できるそうですね。二代教祖は「長く生きたと言うだけでは、価値がない。どれだけ人世のために尽くせたか、が人生の価値である」と、おっしゃっていました。少しでも人世のために、というPL人の生き方こそ、万人にお伝えしなければならないことですね。大平和は、そんな身の回りから広げて行けるのですね。これは、お陰を戴いているPLの年寄りの使命だと感じるこの頃です。  

Re: 感謝

 投稿者:あんしんメール  投稿日:2007年 9月19日(水)12時46分39秒
返信・引用
  > No.166[元記事へ]

白楽さんへのお返事です。

> 色々なお話の中には皆さん「感謝」の思いが込められてこれからの人生を元気で人世の為に使わせて頂きますと話されていました。

ここが、PL信仰者らしい発想ですね。普通、敬老会というとご苦労さん会のようになってしまうのですが、「生かされているということは、人世のために役立つため」という精神が身についていますから終生現役という調べがあります。先日、私の知人の方が102歳でお亡くなりになられました。その方は、90歳を過ぎても「自分を変えたい」と言ってよく解説を受けたり、信芸に歩いたりしておられました。ばくろうさんの書き込みを読んで、「ここが私はわからんのですよ」と聞きに来られていたこの方のお顔やお声が浮かんできました。
 

感謝

 投稿者:白楽  投稿日:2007年 9月12日(水)13時14分48秒
返信・引用
  先日我が教会で長寿の祝いがありました
最初に長寿の祝いの式典があり、参加者全員での記念撮影をし、教会長の案で「常の式典後には私からの教話をしますが、今日は長寿の方のお話を聞かせて頂きます。」と言れ全員の方が今迄の人生を振り返り、貴重なお話しを聞かせて頂きました。色々なお話の中には皆さん「感謝」の思いが込められてこれからの人生を元気で人世の為に使わせて頂きますと話されていました。その後婦人会の皆様の献身で(カラオケ・オカリーナ演奏・脳と体の体操)最後に炭坑節を広間いっぱいの踊りの輪にして楽しく行われました。この様な事に遭遇できた私も感謝いたします。有り難うございます。
 

誠と付き合う

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年 9月12日(水)10時10分51秒
返信・引用
  二代教祖は『人の誠が分かる自分にならせて下さい』と毎日、遂断って暮らしておられた。
教育も、子どもの誠に触れ、誠を育てる芸術である。信仰の体験は、みな誠になった時に生まれている。PLの信仰の話をするときも、やる気のない(誠のない)ままに、何を言ってもダメ。この方の誠に触れさせて下さい、、と遂断ってふれ合うと、その人の誠に触れて、、信仰の進化につながるのではないか! 少し、観点を変え、遂断りを変え、、"誠に触れさせてください"、"この方の誠を 分からせてください"と、祈ってかかることこそ、必要なことではないか。不誠をとがめ、我と付き合っていたのでは なかったか? 二代教祖にならって、夫の誠、
妻の誠、子どもの誠が分かる自分になりたい!という、毎日の遂断から、始めよう!
 

遂断

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年 9月 7日(金)20時53分59秒
返信・引用
  「万全を期して台風待ちおるに ここには吹かず 他所吹きにけり」という二代教祖のお歌がある。これは神の道(真理)を述べられた歌である。暑さ寒さも、人生の困難も、、厭うたり、、苦にしたり、、逃げたい様な「遂断れていない気持ち」で向かうと大変だけれど、、よしっ! と覚悟を決め、遂断って対処すれば、、案外、簡単に乗り越えられるものであるし、英知も、気力も授かるものである。立ち向かう心境が「ヤワ」だと、逆に、「泣き面に蜂」となることになる。どんな神業も、喜んで、、意欲満々で立ち向かうところに、敵はない。  

祖遂断

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年 8月25日(土)10時33分59秒
返信・引用
  高校の教師を息子に持つ母親が「息子が受け持つクラスの生徒(女性)がひとり、行方不明」で困っている。母親として祖遂断を願いたい、と言うのだ。それはいいのだが、母親が動転しており、相当の興奮状態である。40も過ぎている一人息子の仕事上のことで、そんなに感情的になるなんて、、子どもに縁を付けすぎている証拠だ。まず冷静になりなさい、と説得するのに一時間以上もかかった。やっと冷静になれた処で、祖遂断神事。4時間後、「先生! 息子が"帰って来た!"って駆け込んできました!ありがとうございました!」と。話変わって私の娘。高二の息子が数Ⅲの、ある章が理解できないと悩んでいる。「こんなことお願いして、、大丈夫かしら」と思いながらも「どうか息子が数Ⅲを理解できる様になりますよう!」と、宝生して、祖遂断した。翌日、クラブの部室で、本やノート開いて勉強していると、そこに来る筈もない○クンが「よう」って来た。彼は同級生の間では、数学の天才と言われている人物で、先生よりもその分野での理解は明るいとの噂である。立っている者は親でも使え、とばかり、質問をしたら、難なくスラスラと教えてくれて、よ~く理解が出来たという。祖遂断の神事は、広大無辺である。  

みささげ

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年 8月16日(木)09時48分23秒
返信・引用
  お休みが三日間できたので、教会の飛び地で、雑収地となっている処の草刈りをした。三年前に購入した「草払い機」も、やっと慣れて使いこなせる様になってきた。ここは4月、除草剤で枯れ野原にした処。オセアニア本部で献身している人からは、オーストラリアでは、如何なる除草剤も法律で禁止されていると言うが、ボクが撒いているのは「地球にやさしい」除草剤。そのせいか一代草は枯らしても、その後、それが栄養剤に変化しているのではないか、と思うくらい、雑草が繁茂しているのである(〇o〇;)。連日35度以上の猛暑を避け、水や準備するものを確かめ、4時から夕暮れまで、ひたすら刈り続ける。道路に面しているものだから、心ない者どもが、自転車、コンクリート片、カン、ビン等を放り込み、捨てて行っているので、結構、面倒な手間もかかって、ハカ取らない。腹立てたり、不足思ったり、カンシャク起こしたりしていたのでは「みささげ」にならないから、心を空にして忍耐強く対応する。日暮れ時と言っても暑い上に、草払い機も、結構重い。それにいろんな作業が重なり、土埃にまみれ、汗が滂沱と出る。一日目が終わったときは、死ぬほど草臥れたが、三日間続けてみると、この老体でも、なにか体力や抵抗力みたいなものが、付いた様な気がしている(疲れとは違うが、、)。神さまは、人間に「慣れ」という、ありがたい贈り物を下さっている!暑さ、寒さや、運動、仕事、忙しさなどにも、適応する能力と体力を獲得できる様に、人間は造形されているのだ。ただ、不足に思ってすると、疲れるだけで、適応力も、削がれてしまうことになったり、みしらせ(病気・災難)を頂いたりすることになる。「何ごとも喜びに取る」生き方、を教えて頂いているPL人は、それだけでも、幸せにならなければ、ウソ、ということになるのではないだろうか。(^^)ゞ  

続・続・フラダンス

 投稿者:まりっち  投稿日:2007年 8月 8日(水)14時38分13秒
返信・引用
  あんしんさんへ

情報ありがとうございます。
さっそく連絡してみます(^^)
 

Re: 続・フラダンス

 投稿者:あんしんメール  投稿日:2007年 8月 7日(火)17時22分47秒
返信・引用
  > No.159[元記事へ]

まりっちさんへのお返事です。


> まだ、見つからないんです(X。X)

インターネット情報で申し訳ありませんが、

ダンス&フィットネススタジオエックスワン(X-1)
TEL : 0238-21-6655
住所 : 〒992-0045 山形県米沢市中央1丁目4-1-3F
フラダンス教室

というのは、出てきましたが。
 

続・フラダンス

 投稿者:まりっち  投稿日:2007年 8月 7日(火)16時30分21秒
返信・引用
  あんしんサンへのお返事です。

>もうフラを教えてくれるところみつかりました?

まだ、見つからないんです(X。X)
南陽の方で、教えているとか?って、言うのは、今日、会社の同僚に聞いたんですが・・・
連絡先が分からなくて・・・?
南陽だと、チョット通いずらいかな?って、思案中です。
 

Re: フラダンス

 投稿者:あんしんメール  投稿日:2007年 8月 7日(火)09時27分9秒
返信・引用
  > No.156[元記事へ]

まりっちさんへのお返事です。

> 教えてください。
> フラダンスを習いたいのですが、米沢近辺で教えている所は、ありませんか?

もうフラを教えてくれるところみつかりました?
 

教祖祭

 投稿者:白楽  投稿日:2007年 8月 2日(木)21時03分54秒
返信・引用
  昨日教会のインターネットテレビで 本庁の式典に合わせて 参加しました
献上コーラス・バトン 其々違う教会で練習されていても 息もぴったり合って、とても
厳かな雰囲気で教主様の祖遂断の元での行いは全て完璧で気持ちが良いです。
教主様の祝福の神事の時には奥様の介添えを受けてまで神事をして下さって 本当に有り難くて
テレビ画面に向かい感謝の涙が流れました 益々信仰に勤しみ一人でも多くの方にこのPLの教えを知ってもらうべく私が励まなくてはと心に命じました。

教会で本庁と同じように遭遇させて頂けるこの様な技術開発された本庁の皆様に感謝します。
 

フラダンス

 投稿者:まりっち  投稿日:2007年 7月25日(水)10時09分23秒
返信・引用
  教えてください。
フラダンスを習いたいのですが、米沢近辺で教えている所は、ありませんか?
 

鍵っ子

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年 7月24日(火)08時53分11秒
返信・引用
  もし今私が家に鍵っ子を持っているとしたら、やはり「三匹の子ぶた」ではないですが「カギは開けてはいけません」と言うでしょう。世の中は変わりましたからね。アメリカでは「カギは三つ以上掛けよ」と言われていますが、日本も、そうなりつつあって、これが誰がどう努力しようが、昔に帰ることはないでしよう。悲しいことですが、嘆くよりは、対応に工夫して行くしかありませんね。  

鍵っ子

 投稿者:白楽  投稿日:2007年 7月22日(日)16時27分51秒
返信・引用
  長い夏休みが明日から始る 鍵っ子の親達には気がかりな事でしょうね
安心して仕事に取り組める事を祈ります。近所の奥様は子供には「夜勤のお父さんが帰るまでは外に出てはいけないよ・友達が来ても家に中に入れてはだめ」と
約束をしているそうです
今の時代はこんなにも人の心を信じ合う事が出来ないのでしょうか
昔の言葉に(人を見ると泥棒と思え・火を見たら家事と思え)と言う言葉があると教えられたが正に今に時代の事のようです
どうすれば皆心から打ち解けるのでしょうか寂しい事ですね

間垣越え 心通わす 人が居て 子らの成長 地域の宝
私の子供の頃は 近所のおじさん・おばさんが面倒見てくれてご町内が皆で見守ってくれていたような時代でしたが 今は近所の子供でも下手に注意したりすると親御さんから苦情が来て近所付き合いが気まずくなる ヤヤコシイ・・・・

この様な時代だからこそPL流の思い方が必要なのではと思いますが、中々お話ししても
耳を傾け心を通わす事が出来ない気を長く持たなくてはね
 

Re: 相談相手

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年 7月16日(月)15時15分58秒
返信・引用
  > No.151[元記事へ]

あんしんさんへのお返事です。
もう一つの問題は徳ということです。「ぼくは睡眠不足気味の時の方が勉強できる気がします」と言った学生に二代教祖は「君の話を聞いていると君は先祖から"勉強"に対する徳を、多分に受けていると感じたよ、、」と仰った。世の中に信仰心を持つ人は20%そこそこという話を聞きましたが、こんな仕事をしていると、信仰心という徳のある人とない人があることを思います。あんしんさんのお母さんは、素直な心と同時に、信仰心という「徳」を持った人であると思います。徳の性質は、いろんな徳目に別れていること、それに徳はどんどん大きくなるということです。お母さんの徳を受け継がれて、あんしんさんは、さらに徳を大きく、確かなものにしようとしておられるンですね!尊いことです。
 

Re: 相談相手

 投稿者:あんしんメール  投稿日:2007年 7月10日(火)15時53分14秒
返信・引用
  > No.150[元記事へ]

うんうんさんへのお返事です。

>  私の父が、私を幸せにしようとしてPLの信仰を伝えてくれた様に、ボクも三人の子らに、PLの信仰を伝えている。人生にとって、こんなに有り難く、安心できる相談相手はない。

 ほんとにそうですね。私の家も母からはじまった信仰なんです。私が何を感謝しているかというと、母も誰かから誘っていただいたということ。「せっかく、言ってくださったのだから」ということで、次の日、近くの教会を探してお参りして入会をさせてもらったという。もしも、母に人の言うことを素直に聞く耳がなかったら、私は、PLに巡りあえていないと思う。だから、私が今子供に伝えたいと思っていることは、人の言うことに耳を傾ける素直さなのです。(そんな親になれるかが問題ですが)

 素直に人に向かうから人の気持ちがわかるようになってくるのでしょうし、その鏡で自分の気持ちも理解してもらえるようになる。そこから、親密な人付き合いも生まれてくるわけですよね。助けられたり助けたり。学んだり学ばれたり。でも、その基にあるのは、母からもらった心のような気がするんです。
 

相談相手

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年 7月10日(火)14時00分49秒
返信・引用
  ミスユニバースに当選した森さんに「美しさを保つのは大変でしよう?」と突っ込みをいれたら、そうでもないと、サラリ。「私には専従の栄養士とトレーナーがいますから」と答えた(笑)。「常に善悪の岐路に立つ」のが人生の常。その時々の選択を誤らないのが幸せの要件でもあろう。私もPL学園の経営に当たって大きなミスもなく仕事が出来たのは、いい相談相手に恵まれたからであった。人生のよき相談相手、、、それはPLの信仰! 私の父が、私を幸せにしようとしてPLの信仰を伝えてくれた様に、ボクも三人の子らに、PLの信仰を伝えている。人生にとって、こんなに有り難く、安心できる相談相手はない。  

えらそう

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年 7月 2日(月)14時12分27秒
返信・引用
  芸事、習い事やアスリート(競技者)などでは「天狗になるな」「えらそうになるな」ということは、よく言われることである。えらそうになると、進歩が止まると言うことが経験的に分かっているからだろう。えらそうになると☆進歩がとまる。☆向上意欲がなくなる。☆人間関係を損なう。☆ひとの忠告が聞けなくなる。といったこと(みしらせ)になる。これは、お互いの日常生活でも、全く同じ様なことになるから、恐ろしい。果ては、☆孤独になる。☆ぼける。といった末路になるものである。大なり小なり、誰もが持っている心グセ、一番取りにくい、そして一番恐ろしいこのクセを、神に依り、祖遂断(おしえおや様)に依って取らせて頂こう! その心グセから脱却できた分、どんなに素晴らしい前途が拓けるのかを、お知らせしたい! ここにも、PLの教えが説かれる理由のひとつがあるのである。  

感謝

 投稿者:うんうん  投稿日:2007年 7月 1日(日)15時34分31秒
返信・引用
  家主がサボっている間、いろいろと内容深い書き込みを頂いていてありがとうございます!小生この四月三日に、思わぬみしらせを頂いて、小脳に六カ所以上の梗塞が同時に発生し、救急車で済生館病院に運ばれました。体がクラッシュしてもおかしくない程の重症でありながら、お陰で後遺症もなく、仕事に復帰させていただいていますことは、本当に教えのお陰と感謝しております。しかし、その後の自分を注意深くみておりますと、以前より少し、疲れやすくなったかな?という感じがあり、そんな時は、ためらわず休ませて頂くことにしておりましたら、根が怠けもののこととて、いつも怠けと休息の境界線でうろうろ、意気地がなくなったり、また立ち上がって仕事に挑戦したりしています。この欄にも、心新たに、また取り組みますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。ありがとうございます!  

子育て

 投稿者:白楽  投稿日:2007年 7月 1日(日)08時40分41秒
返信・引用
  先日教育講座があり娘家族と主人の4人で参加して勉強をしてきました。
そのお話の中で、私の心の留まったお話しは「親の色に染めない事」の内容でした
私達夫婦は子育てを終了して孫のお世話をする段階です でも孫に対してこの様に成長して欲しいああなって欲しいとか欲望を出す事が、親を乗り越えて話す事がある事に気が付き
反省する事が多々あります。子育ては一代事業で子育ての適性検査は何処にも無い
其々の家庭の味があり夫婦の思いが統一出来ていれば家庭の調和が取れるのでは
親は神の子として預かってお世話している献身あるだけと思った
 

レンタル掲示板
/3