teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
  2. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


かわいいトカゲさんですね

 投稿者:管理人  投稿日:2018年12月16日(日)07時33分2秒
  青空さん

大変お久しぶりです。お元気でしたでしょうか。
また来ていただけて、とてもとてもうれしいです。

ご投稿いただいたトカゲですが、これはペットとして飼われているのでしょうか?
シンプルな容姿と茶色の濃淡のみの落ち着いた体色・・イイですね!
ペットショップでは形が奇抜だったり色がド派手なトカゲが売られいますが、
こういう野性味あふれる清楚なトカゲの方がむしろ新鮮で粋な感じがします。
ご投稿いただいた文面から、今年の夏にお住まいの周辺でこのトカゲを捕獲され、
以後、やはりお住まいの周辺で捕れた虫を餌として与えながら飼われている・・
と拝察致しました。
ご投稿いただいた写真の2枚目には2匹写っています。
もしこれが雌雄のつがいだったら卵を産むかも知れません。
楽しみですね。

さて、今年の漢字「災」のイメージにぴったりのSu-15フラゴン、
これまた青空さんらしい玄人っぽい粋な機種選択ですね。
それも各社から出ている中から VES/GRAN を選ばれるとは!
VES1/72Su-15の世間の評判は、「一番正確だけど一番難しい」 と言ったところでしょうか。
私も一応各社のキットは持っていますが、VESのキットは
時々引っ張り出してフタを開けて中身を見て溜息ついてまたしまう の繰り返しです。
作るんだったらトラペかな・・と思ってたんですが、プロポーションが良くないんですか。
うう~ん、トラペはパーツの出来は文句ないんだケド、実機と似てないことが結構ありますよね。
そうするとAモデルかなぁ・・。
青空さんのVESのSu-15が完成したらぜひぜひ拝見させていただきたいです。
もし良かったら途中の写真などご投稿いただけたら無上の幸せです。
私も青空さんの作品から力をもらって、
平成最後の一作(たぶん先週作り始めたLaGG-3)を完成させたいと思います。

最後になりましたがこの冬もどうやら厳冬の様子。
お互い、体に気をつけて模型作りを楽しみましょう。
それではまたのご投稿をお待ちしております。
どうぞよろしくお願い致します。
 
 

平成最後の締めには?

 投稿者:青空  投稿日:2018年12月16日(日)04時41分56秒
  お久し振りで御座います。夏の間は家の周りや田畑でトカゲや餌の虫を採っていたのですが
酷暑で熱中症になっていた間に模型界はスゴい事になっていたようですね。
やっと12月になってトカゲも冬越しで石の下に潜って寝ているのですが
模型店では円安で以前は800円しなかったエレールの大戦機が1,500円以上という事になっていて
5,000円越えの新製品には到底手が出ません(><;)これでは本当に泣きです。

で、平成最後に作ろうと選んだのは大韓航空機撃墜事件で共産ソ連の悪役の名を負った(災)の機体
1/72のVES/GRAN、Su-15TMです。 Su-15は1/72でもAmodel・TRUMPETER・PMMODEL等案外出ていますが
Amodelは表面傷だらけでヌメった感じだし、TRUMPETERはプロポーションの評判が悪い様で
PMは語るまでも無く、VES/GRANは凹モールドですが、一面バリだらけで表面はブツブツ、
まるで出来の悪いR.V.Aircraftの様ですね。
 

寒くなりました。

 投稿者:管理人  投稿日:2018年11月25日(日)17時47分19秒
  星式戦闘機さん

どうもいらっしゃいませ!
来月辺りお見えになるかな~と思って心待ちにしていたところ、
今月来ていただけて本当にうれしいです。
気が付けば次の週末はもう師走、めっきり寒くなりました。
日の出も随分と遅くなって、私のパートの始業時はまだ真っ暗です。
1台目のトラックの荷下ろしが終わって2台目が来るころにようやく東の空が白んで来る感じ。
そして荷捌き場の寒いこと!(ブルブル)
地域の皆さまに安全で美味しい食材を提供するため、
食品スーパーの名もなきパート社員は日々頑張っております。

さて、「原点回帰検証」をご覧いただきありがとうございます。
私はキャノピーは断然先付け派です。
何と言うか、キャノピー後付けでも違和感が無い様な優秀キットには縁が無いんです。
作るキットがKPの旧作やAmodelが中心だからこうなるんですね。
でも最近はeduardなど、とても優秀なソ連機キットが続々出て来る様になりました。
もういい加減そういう優秀キットに乗り換えた方が良いと思うのですが、
どういう訳かレトロキットに手が伸び勝ちです。
来年は思い切って出たばかりのキットでも作って見ましょうかね。

さてさて、星式戦闘機さんの特技「実車弄り」はいつもプロ顔負けの出来栄えだけれど、
今回もきっちり仕上がってますね。
艶消しの塗色がボディーの光沢と対照的ですが、それがいかにも
「足まわりをサビから守る」という感じになっていて頼もしいです。
オーナーさんもきっとそんな風に感じられたのではないでしょうか。

さてさてさて、モデルアートの1991年4月号と言えば、
当時は少数派のソ連機ファンが泣いて喜んだという伝説の号ですね。
私も出た当時に購入したものを今でも大事に持っています。
1991年と言えばその年の12月にソビエト連邦が崩壊しました。
あれからもう27年も経ったと思うと感慨深いです。
年とる訳ですね。

最後になりましたが、これから年末に向け仕事は忙しくなる様です。
今日もチーフから12月はイベントが多くいつもと勝手が違うから注意する様指示が有りました。
星式戦闘機さんがおっしゃる通り、私にとって未知の師走がやって来ます。
これからも食品流通業の先輩として折に触れアドバイスいただけましたら幸いです。

それではまたのご投稿をお待ちしています。
どうぞよろしくお願い致します。

 

もう冬ですよ~。

 投稿者:星式戦闘機  投稿日:2018年11月25日(日)00時09分6秒
  管理人さん;

丁度2カ月ぶりになります。日に日に寒くなっていますが如何お過ごしでしょうか?

「原点回帰検証」ジックリと閲覧させていただきました。31年の重みを感じます。
やはりキャノピー周辺の接合面処理は管理人さん上手いです。接合面がヨレていません!
自分にはまだまだ・・・。お見事です。

よくキャノピーは「塗装前に接着」してしまうかいっその事「後ハメ」にしてしまうか議論が尽きませんが自分は前者です。偶然にも管理人さんも前者の様ですので誠に以て心強い限りです。だから管理人さんのHPは自分のPCの「お気に入り」なんですよ~。

機体の銀表現もくすんでいても尚現役の様な風合い・・・上手く説明できませんが・・・決して「用廃機」ではない「現役機」の作品だと思います。
自分も「世界の傑作機」等に掲載されている「一瞬」スゴみのある機体を見ると「おおっ!これはっ!」となりますが、よく考えるとこれって「用廃機」ならではの風合いなんでしょうね。決して現役機ではないのです。
個人個人好みがありますが自分の場合は「あくまでも」参考レヴェルに留めてこれら資料を閲覧しております。


さてさて・・・何かとせわしい時期になりました。前回投稿させていただいた通り勤務先での「ドタバタ」も漸く収まりつつありますが、もう年末商戦になります。御歳暮~クリスマス~御年賀と何かと忙しくなりますね。で、本日はかねてから弄っていた・・・しかし放置していた日産オッテイのリアフェンダーの冬対策をしてみました。

前回の下地処理→サフ処理から約5カ月経ちました。細かな微調整の必要もありましたが寒い時期なので「無視」させていただきちょっとした「遊びゴコロ」で手持ちのライトグリーン(ベトナム迷彩の明るい方の緑)にて補修箇所を塗装してしまいました。勿論オーナーさんの「事後」承諾済です(笑)。

自動車デザインの昨今の流行りとして前後フェンダーの縁にわざわざ樹脂パーツを付ける(尚且つ樹脂色そのまま)のがトレンドの様でして此のオッティも縁は艶消し黒にて・・・なんて妄想していましたが、気付いた時には既に手持ちの艶消ライトグリーンを吹いていました・・・。オーナーさんごめんなさいです。

塗装が終わってオーナーさんに一見して頂きましたが・・・OKをいただいたのでこれで2018年は此のクルマ弄りはひとまず休止にします。

カレンダーを見上げてみますと今年もあと1ヵ月です。製作中のMig-23を弄りつつ昨日古本屋にてゲットしたモデルアート’91年4月号の特集記事(さあ何が特集されているのでしょう?)の機体に想いをはせながら今日は就寝致します。

管理人さんも今迄とは全く異なった師走を迎えるかと存じますがどうぞお体ご自愛下さい。

ではでは~。










 

お待ちしてましたっ!

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 9月24日(月)08時19分57秒
  星式戦闘機さん

お久しぶりです。
また来てくださる日を今日か明日かと毎日お待ちしてました。
またここでお会いできて本当にうれしいです。

KPのMiG-15UTI、おかげ様で今のところ順調です。
こういう凸モールドのキットは上手く行っている時はすごく楽しいです。
美しく繊細な凸モールドのキットは凹に彫り直しても元のクオリティーは再現できないので、
私は凸のまま作ることにしています。
往年のモノグラムのキット、良いですねぇ~。
モールドが凸だからと敬遠するモデラーさんも多いみたいですが、
慣れてしまえば凸モールドでも何とかなるものです。

次にセレナですが手放した時はちょっと目頭が熱くなってしまいました。
あの車は我が家にとって正にファミリーカーでして、
我が家が家族として最も活発に機能していた「子育て期」の象徴だったんです。
あと2年半で下の子が成人しますが、そうしたら古女房と二人の老後が始まります。
もう5ナンバーのワンボックスは要らないですね。
今乗っているプリウスを乗り潰したら軽の中古でも探すつもりです。

続いて仕事の話、
職場で働いている女性ってすごく大切な戦力ですよね。
私が働いている食品スーパーではレジはもちろん、その他品出しなどでも半数は女性。
店長より店歴が長いベテランの女性パートさんも複数居て頼りにされています。
星式戦闘機さんの職場から2名もの女性社員が抜けてしまったのでは
残された男性社員の皆さんはさぞかし大変でしょう。
2名の社員が居たということは2名分の仕事が有るということですから。
あと、人間って不思議なもので、男性だけ/女性だけの集団より、
男女が混在している集団の方が活気があり、円滑な活動ができる気がします。
私が第一の人生で働いていたのは製造業の技術畑だったので女性が極端に少なく、
今から考えると重苦しい雰囲気でした。
その点食品スーパーではたくさんの女性陣に囲まれて男性社員が活き活きしています。
私の様な定年過ぎの爺さんが働くには雰囲気の良い明るい職場が何よりですから、
今のパートを選んで正解だったと思っています。

最後になりましたが、星式戦闘機さんのMiG-23、制作再開の兆し有りでしょうか。
星式戦闘機さんの模型をしばらく拝見していなかったので寂しく思っていました。
10月からはいよいよ秋本番、芸術の秋・模型の秋です。
お互い模型作りを大いに楽しみましょう。

それではまたのご投稿をお待ちしています。
 

丁度3か月ぶりで~す。

 投稿者:星式戦闘機  投稿日:2018年 9月23日(日)22時16分5秒
  管理人さん;

またまた3か月ぶりです。お元気そうで何よりです。

KPのMig-15UTIですか・・・。管理人さんの原点回帰作興味深く毎回閲覧させていただいております。相変わらず観ていて安心感のある製作風景ですね~。凸モールドを活かしての製作・・・自分にはとてもとても・・・と思いつつ手元のKPのMig-19を眺めております。そう云えば実家のストック模型の中に1/72レベルのF-105があり、これも凸モールドですが各部彫刻再現がとても見事!「ご機嫌最高モノグラム」の血筋を見事に継承していました。後になって購入したトランぺッターのF-105と並べてはニヤニヤしていた頃を思い出します。さてどちらを弄るんでしょうね?

また、19年お乗りのセレナも手放されたとのこと。流石に19年所有となると家族の様々な想い出があったことでしょう。大きすぎず小さすぎず日本の道路事情に合致した自動車だと思います。

さて、この3か月の出来事を綴るとします・・・。退屈でしょうが聞いてくださいませ。

先ず前回投稿後数日経ってから製作中のMig-23の右水平尾翼の紛失に気付きました~。自分の癖で一仕事終わった製作中のプラモの置き場所は何とテレビの裏(!)でして、埃っぽいものの適度な温度で各種乾燥させるに重宝していました。いやいやどこ行ったんでしょう・・・?

そして、実車弄りの日産オッティは前回の日産ノート同様に缶コーヒーベースの鉄板やらFRPやらで左右フェンダーアーチの基本形が出来、内装類を全て剥がしての各部防錆処理まで終わりさあ次はパテ処理だ~!と意気込んでいました。

ところで自分の勤めている支店は隔日出勤の支店長を始め男10人女2人の計12人態勢ですが・・・:
・5月末に女性1人が退社
・上記女性の後任として1人入社するも1カ月にて退社。尚且つ残っていたもう1人も退社
とまぁ6月末には支店から女性社員が居なくなってしまいました。
さあ残った男衆で何とか頑張りましょう!なんて云っていたのもほんの数日・・・。各種事務業務を笑顔でこなしていた彼女らの1つ1つの業務が実に大変かを思い知りました。

一例を挙げるとすれば、管理人さんがスーパーの酒類発注者だとしましょう。今は恐らく携帯型の端末にて発注入力→送信までを行いますね。すると今度はスーパー本部→酒類卸売業者に受注データの形で受信されます。ここまでは我々男衆も「なんとなく」知っていました。が、その後のデータ処理方法が分からなかったのです。
〇×スーパーや△□薬局やホームセンター×△等々・・・相手先によって様々な形態のデータ処理に時間を費やしてしまい、皆それぞれの本業が疎かになってしまいました。

まぁ他にも色々ありましたが7月中旬には支店長までもが病気入院となってしまい、現在9月の終わりですが未だ混乱が収まり切れません。

とまあ何とも土日を含めて毎日会社に行かないと格好がつきませんでした・・・。

漸く本日1日だけですが会社に行かなくてよくなりましたので・・・テレビの裏をゴソゴソと・・・発見しました!いやいや良かった~!

10月からはもう少し穏やかに業務遂行ができるでしょう。趣味の時間を取り戻しますっ!

ではでは~。




 

おお! カリ-ニン K-7!!

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 9月17日(月)10時05分7秒
  jetjunさん

またのお運びありがとうございます。
ご紹介いただきました大子模型クラブ様のBBS、早速拝見しました。
見たことない新製品情報が満載で大変参考になります。
ありがとうございます。
そして jetjunさんは1/72のソ連(ロシア)機キットをほぼ全てお持ちなんですね。
いや素晴らしい。
jetjunさんの御歳は私より10年ほど上とのこと、
頼もしい先輩と出会えてとてもうれしく思います。

ところで、
あの伝説の巨人機 カリ-ニン K-7 のインジェクションキットが出るんですか!
しかも 1/72 で!
カリ-ニン K-7 の翼幅は B-52 より大きいから、それの1/72キットとなると破格の大物ですね。
私の手に負えるかどうか甚だ疑問ですが、出れば必ず買います。
そしてライフワークとして取り組みたいと思います。
第二の人生の楽しみがまた一つ増えました。
貴重な情報を教えていただき、ありがとうございます。


 

1/72 Kalinin K-7

 投稿者:jetjun  投稿日:2018年 9月16日(日)21時25分57秒
   管理人様、小生もロシア機(ソ連機)は結構大好きで、72のキットは超大物のAn-124やIl-86などの複合キットを除けば、ほぼコレクションしております。
 すでにご存じかと思いますが、ロシア(ウクライナ?)のMikro Mirで標記の72のフルインジェクションキットの開発が進んでいます。
 おそらく数万円となるでしょうが、これだけは是非手に入れたいと考えています。
 発売時期はいまだ未定ですが、水平尾翼の金型はすでに完成している模様です。
小生の持ち時間と気力では、到底完成はおぼつかないとおもわれますが、10年ほどお若い、貴兄の手による完成品を是非拝見致したく、切にお願いする次第です。
 蛇足では御座いますが、新製品情報を大子模型クラブのBBS https://6927.teacup.com/daigonextone/bbs
 に載せておりますので宜しかったらお訪ねください。
 

初めまして、ようこそ「赤い星」へ!

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 9月16日(日)18時41分58秒
  jetjunさん

初めまして、どうもこんにちは、管理人のakaihoshi2004です。
数ある模型サイトやブログの中から当「赤い星」を見付けていただき、ありがとうございます。
ご覧の通り、ソ連機しかない偏屈なサイトですが、気に入っていただければ幸いです。
プラモ沼にはまって半世紀以上 とのことですので、
私(今年の誕生日で満61才)と大体同じくらいの御歳まわりかと拝察致します。
プラモの歴史ももう長いですが、最近のキットは昔に比べて本当に良くなったので、
新製品が出るとついつい買ってしまって私の未完山も成長を続けています。
大体週1回のペースで「不定期日記」を更新していますので、
お気に召しましたら今後ともこの「赤い星」をごひいきに、どうぞよろしくお願い致します。
 

お初です

 投稿者:jetjun  投稿日:2018年 9月16日(日)17時02分22秒
   プラモ沼にはまって半世紀はとっくに過ぎ、未完成山のみ日々高くなる一方の「積んどくモデラー」です。
 茨城は大子の模型クラブ「NEXT ONE」に名前だけ在籍中です。
 貴HP、見させていただきました。
 時々よらせていただきますので、宜しくお願い致します。
 

レンタル掲示板
/116